和島英樹
和島英樹の
「明日の好悪材料Next」
ラジオでお馴染みの株式ジャーナリスト、和島英樹さんが『株探』の人気ニュースの筆頭格、「明日の好悪材料」で取り上げられた銘柄の次の注目点を解説する。
  1. 通期営業利益を上方修正も、3Q時点で計画超過の銘柄も (2021年01月17日)
  2. 上方修正や前年同期から倍増などの好業績材料も (2021年01月10日)
  3. 新生活様式と親和性の高い事業などで、好決算が目にとまる (2021年01月05日)
  4. 来年は丑(うし)年、経験則ではブルよりベアの年!? (2020年12月27日)
  5. ニッポン発のコロナワクチン、そして次世代2次電池で期待の材料が (2020年12月20日)
  6. GoToトラベル一時停止なら、再開で追い風が吹くところは (2020年12月13日)
  7. 上方修正後の展開をボリンジャーバンドで分析すると (2020年12月06日)
  8. EV電池材料で中韓勢に押されている中、存在感を示すのは (2020年11月29日)
  9. 日経平均は29年ぶりの高値も、騰落レシオは100%未満の怪!? (2020年11月22日)
  10. スマホ、日米インフラ投資関連で好決算、苦戦の百貨店にも光明が (2020年11月15日)
  11. 決算発表たけなわ! 上方修正目立ち、半導体関連伸びる (2020年11月08日)
  12. 中間決算の発表シーズン入り、エレクトロニクス、IoT関連銘柄は順調 (2020年11月01日)
  13. 5G関連部品の設備増強材料に一時ストップ高も、半導体の減益幅解消なども (2020年10月25日)
  14. ガーデニング・オンライン学習・電子書籍・中古住宅など、巣ごもり関連に好業績・新サービスが (2020年10月18日)
  15. 前向き材料に半導体・有機EL・太陽光、失速のゴルフ関連・コンビニは株価織り込み済み? (2020年10月11日)
  16. ドコモTOBは業界再編、5G、親子上場解消、日経平均新規採用などで様々な思惑 (2020年10月04日)
  17. バイオの有望薬、ホームセンターの業績増額やM&Aなど話題豊富 (2020年09月27日)
  18. 食品関連が上方修正、手術関連は想定より落ち込まず (2020年09月20日)
  19. ワーケーションや減災、東1昇格関連の話題も (2020年09月13日)
  20. 業績上方修正した国土強靭化・宅食関連、厳しい見通しの紙パ (2020年09月06日)
  21. 小売りではロードサイド店の月次売上が伸びる一方で、ドラッグストアの一角に陰りも (2020年8月30日)
  22. 決算発表一巡、オンライン診療や物流、AI関連などをフォーカス (2020年8月23日)
  23. 防災減災、郊外型住宅、情報セキュリティなどに注目 (2020年8月16日)
  24. 有機ELの需要が想定以上に、1Q決算の健闘企業は? (2020年8月09日)
  25. 1Q決算の前半戦、明はクラウド・ゲーム・半導体、では暗は? (2020年8月02日)
  26. 好調な半導体、底堅い人材関連の一方で… (2020年07月26日)
  27. ロボット、ステイホーム、オフィス、SIなどの決算関連で明暗が (2020年07月19日)
  28. 月次売上高が堅調な食品スーパー、100均、ディスカウン店が目立つ (2020年07月12日)
  29. 想定以上の好業績企業が目立ち、バイオ、5Gもにぎやかに (2020年07月05日)
  30. 全固体電池やハイブリッド車など株式市場のテーマになりやすい話題が多く (2020年06月28日)
  31. 半導体関連にポジティブ見通し、REITは先行き不透明感が (2020年06月21日)
  32. 連想買いや先行きのエネルギー事情へのヒントが見える (2020年06月14日)
  33. 決算発表の一巡後、再びウィズ&アフターコロナのテーマに脚光 (2020年06月07日)
  34. 電子関連に明るさ、ドラッグストアは既存店売上高に好材料 (2020年06月05日)
トップ >  特集一覧 > 「株探」プレミアム会員限定コラム > 和島英樹の「明日の好悪材料Next」
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.