トップ >  特集一覧 > 株探編集部からのお手紙 > すべての“フタ”が外れる日

すべての“フタ”が外れる日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株探編集部からのお手紙 2020年10月10日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
- CONTENTS -
・今週のお手紙
・今週の注目記事
・「上方修正期待」銘柄をチェック!
・ゼロから始める「株探」の歩き方
・今週の株探人気記事ランキング
・プロフィール登録のお願い
・今週末配信の「株探」おすすめ記事
――――――――――――――――――
 
株探太郎さま
 
おはようございます。
株探編集部です。
 
静かな1週間だった――。
そう思ってしまうのは、前週が激動の1週間だったからこその錯覚なのでしょう。
 
日経平均株価は8日、一時2万3701円をつけ、コロナショック後の高値を更新しました。
週末9日も2万3725円まで高値を切り上げ、上値慕いの動きが続いています。
 
新興市場ではマザーズ指数が5連騰。
日足チャートに描かれる騰勢は強烈で、いよいよ2018年1月高値の更新が見えてきました。
 
1日の東証障害による全取引の不成立に、翌日のトランプ米大統領のコロナ感染と、10年に1度あるかないかレベルの予想外の出来事が相次いだ直後です。
何事もなく過ぎた1週間のように感じてしまうのは落差が大きいだけで、本当は沸き立つような期待感がマーケットを包んでいてもおかしくなかったように思われます。
 
10月に入り、Go To トラベルの対象から除外されていた東京でもキャンペーンがスタート、観光地には徐々ににぎわいが戻りつつあります。
都内の電車は日に日に乗客が増え、ゆっくりとコロナ前に近づいています。
日本への入国制限は徐々に緩和が進み、ビジネス客の往来は支障がなくなりつつあります。
一時は2021年の開催すら危ぶまれていた東京五輪も、開催を確実なものにするための地ならしが進んでいるようです。
 
米大統領選までは1ヵ月を切りました。
バイデン候補が勝利する可能性は高まる一方ですが、マーケットはそれを織り込み済みとしつつあるようです。
 
すべての“フタ”が外れる日が近づいていることは明らかです。
その時、株式市場では何が起きるのでしょうか。
コロナ克服と経済復興の祝祭に向けた助走が始まりつつあります。
 
――――――――――――――――――
☆今週の注目記事☆その1
――――――――――――――――――
変幻自在の2倍株ハンター、2カ月に1つのハイペースで獲得する技
――――――――――――――――――
【目指せ億トレ、頑張り投資家さんの稼ぎ技 モンサンの場合】
◇第1回◇
 
投資歴は長くないものの腕をメキメキと上げ、将来の億トレ候補と呼ぶのにふさわしい人を紹介する「頑張り投資家さん」コラム2人目のシリーズが始まりました!!
 
その人は、サラリーマン投資家のモンサン(ハンドルネーム)。こつこつインデックス投資から、3年前の2017年に日本株の個別株投資に“肉食転身”。そのターゲットは2倍株です!
 
「うん、2倍株? テンバガー(10倍株)というのはよく聞けど、ダブルバガーってしょぼくない!?」と思う人もいるかもしれません。
 
確かに数字上では、ダブルはテンに見劣りしますが、モンサンは決してせせこましくリターンを狙っているのではありません。
 
その実態は、時間をかければテンバガーになる可能性を秘めた銘柄を、「金の卵投資法」であえて2倍株になった段階で利益確定しているのです。
 
別な表現をすれば「ビッグチェンジ」を起こし、「グレートグロース」が期待できそうな大型有望株を、金の卵段階で選び、孵化してひよこになったら、にっこり微笑むことを主軸のスタイルにしているのです。
 
「なんのこっちゃ……?」ですね。タイトルにした変幻自在の意味も含めて、これらの内容は株探プレミアムに登録して、記事をご覧ください。
 
▼モンサンの場合-第1回
変幻自在の2倍株ハンター、2カ月に1つのハイペースで獲得する技
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202010080239
 
【目指せ億トレ、頑張り投資家さんの稼ぎ技】
「習うより慣れろ」というように、投資で腕を上げるには継続が重要。とはいえ、ただやみくもに続けても、時間とお金の無駄です。このコラムは、投資経験はそれほど長くないものの、研鑽を積み重ね、成果を上げている投資家さんにフォーカス! その姿を通して、上達のヒントを提供します。
⇒ バックナンバーはこちら!
 
※「株探プレミアム」はワンランク上の情報を提供する有料サービスです。
プレミアム会員の方はログインしてからお読みください。
プレミアム会員以外の方は、最初の1ページ目は無料でご覧いただけます。
 
――――――――――――――――――
☆今週の注目記事☆その2
――――――――――――――――――
コロナ禍でも好業績、株価の戻りも堅調な「家賃保証」銘柄のなぜ
――――――――――――――――――
【株探プレミアム・リポート】
 
コロナ禍で「不動産」関連銘柄が振るわない状況です。
 
同じ内需関連で、今年9月末時点の業種別東証株価指数を比べると、小売業は昨年末の水準を上回り、TOPIX(東証株価指数)に対してもアウトパフォームしています。
 
その一方で、不動産業の株価は銀行業と同様に80%を切る水準、対TOPIXでもアンダーパフォームしています。
 
そんな負け組「不動産」関連セクターの中で、好業績を上げて気を吐いているのが家賃保証会社です。
 
具体的には、売上高の大きい順にCasa <7196> 、ジェイリース <7187> 、イントラスト <7191> 、あんしん保証 <7183> の4社です。
 
彼らは東証の業種分類で「その他金融業」に分類されていますが、収益の大半はアパート入居者が支払う家賃の保証事業から上げているので、不動産に基盤を持つ事業会社とみても差し支えありません。
 
その家賃保証4社は足元の四半期決算では増収増益を達成。通期見通しでも、あんしん保証を除いて増収増益の見込みです。
 
ちなみに同じアパート関連で直近四半期業績をみると、賃貸仲介管理会社やアパート建築銘柄はその多くが減収減益の不振に陥っています。
 
同じ不動産関連の中でも、家賃保証会社はコロナ禍の影響を受けずに済んでいるのはなぜなのか。その強みと今後の課題についてリポートしました。
 
詳しい中身については、株探プレミアムに登録してご覧ください。
 
▼コロナ禍でも好業績、株価の戻りも堅調な「家賃保証」銘柄のなぜ
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202010090245
 
【プレミアム専用スペシャルリポート】
個人投資家のために、金融・経済さらには政治、社会、文化に関連する話題を選りすぐったハイクオリティ・リポートです。
⇒ バックナンバーはこちら!
 
※「株探プレミアム」はワンランク上の情報を提供する有料サービスです。
プレミアム会員の方はログインしてからお読みください。
プレミアム会員以外の方は、最初の1ページ目は無料でご覧いただけます。
 
☆――――――――――――――――☆
 
 
(株探プレミアムって、どんな機能があるんだろう?)
    .。o○
( ´・ω・`)
 
 
株探プレミアムは専用コラムだけではありません。
 
リアルタイム株価、通期業績25期分、日本の株主など、月額1980円(税別)でいろいろな機能をご利用いただけます。
 
詳しくは↓こちらをご覧ください!
 
▼株探プレミアムのご紹介
⇒ https://info.kabutan.jp/
 
 
――――――――――――――――――
12月期決算企業の3Q決算本格化を前に
「上方修正期待」銘柄をチェック!
――――――――――――――――――
 
12月期決算企業の20年12月期第3四半期の決算発表が今月下旬から本格化します。今週の成長株特集では、中間期(1-6月)経常利益の通期計画に対する進捗率が高水準で、上方修正する可能性が高いとみられる銘柄を紹介します。
 
8日に配信した「第1弾」では時価総額250億円以上の銘柄、11日19時30分にリリースする「第2弾」は時価総額250億円未満の銘柄の中から上方修正候補をリストアップします。ご期待ください!
 
▼上方修正“先回り”、20年12月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 (10/8)
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202010080873
 
※記事配信後は[特集]の一覧に表示されます。ぜひチェックしてください。
▼[PC]市場ニュースの[特集]
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?category=5
▼[スマホ]市場ニュースの[特集]
⇒ https://s.kabutan.jp/market_news/?category_org_id=5
 
※各特集記事はフリーコンテンツです。どなた様もご覧いただけます。
 
――――――――――――――――――
【最新話公開!】
横山利香の
ゼロから始める「株探」の歩き方
――――――――――――――――――
株が大好き、認定テクニカルアナリストの横山利香さんによる、株探の世界を隈なく探索するための実践ガイドの連載です。
 
安倍首相の突然の辞任、欧州での新型コロナウイルス感染の再拡大とまさかのトランプ大統領の感染判明、そして東証で初となる終日の全銘柄売買停止と外部環境はまさに大荒れです。
 
そのなかで日本の株式市場は比較的に平穏を保っています。その背景にあるのが、菅首相の誕生とまだ姿ははっきりしないものの“スガノミクス”への期待であることは間違いないでしょう。
 
安倍首相が主導したアベノミクスは長期上昇相場をもたらし、“億り人”と呼ばれる個人投資家の頂点に立つカリスマたちを次々と誕生させる揺り籠ともなりました。
 
では、アベノミクスを発展継承する“スガノミクス“も、新たな第二、第三世代の“億り人”を世に送り出す跳躍台となるのではないでしょうか。
 
これら“億り人”は投資資金額の大きさから、株探の大株主欄にもたびたび登場しています。じっくりと目を凝らして「大株主欄」を研究することで、“億り人”だけでなくアクティビスト(モノ言う株主)や機関投資家といった注目すべき投資家たちの動向も浮かび上がってきます。
 
ただ、そんな「大株主欄」にも弱点はあります。多くの企業では年2回の更新が基本となっており、いまの世にはそぐわない更新頻度であるといえます。この弱点を補うのが5%ルールに着目した株探の「株主および発行株式の異動ニュース」です。今回はこの2つの項目を使って大株主を探る方法を解説いたします。
 
さまざまな銘柄を研究していくと、投資スタイルや着目点に共通項があるのか、かなりの頻度で同じ投資家を株主欄に見いだすことがあります。横山さんは「それもまた大株主を確認する楽しみ」と言います。あなたも、ぜひ確かめてみませんか?
 
横山さんのわかりやすい解説で、あなたも“株探の達人”に!
 
▼最新記事(10月02日公開)← NEW!
(29)“億り人”や注目の大株主の動向から、有望成長株を発掘しよう【大株主】
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202010020378
 
★前シリーズも読めます★
⇒ バックナンバーはこちら!
 
※当連載はフリーコンテンツです。どなた様もご覧いただけます。
 
――――――――――――――――――
◇今週の株探人気記事ランキング!◇
――――――――――――――――――
※10月9日昼頃集計/PC・スマホ合計
 
一週間(前週金曜昼から今週金曜昼まで)の人気記事ランキングをお届けします!
 
1.スガノミクスで輝き放つ、好業績材料株“キラ星7銘柄” <株探トップ特集>
2.2020年「ノーベル賞」発表目前!3年連続の日本人受賞なら急騰必至 <株探トップ特集>
3.最新“上方修正予備軍”リスト、好調&増額実績で探る「有望企業」 <株探トップ特集>
4.【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月7日発表分)
5.高成長【始動】候補リスト〔第2弾〕 15社選出 <成長株特集>
 
今週の詳しい動向は、土曜朝06時30分配信の【今週読まれた記事】でもご紹介しています。
併せてご覧ください!
 
▼[PC]10月10日の市場ニュース[特集](一覧の下にあります)
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?category=5&date=20201010
▼[スマホ]市場ニュース[特集]
⇒ https://s.kabutan.jp/market_news/?category_org_id=5
 
――――――――――――――――――
◆◇会員プロフィール登録のお願い◇◆
対象:2018年11月以前に会員登録された方
――――――――――――――――――
2018年11月の無料会員開始に伴い、会員登録情報の項目に次の2つを増やしました。
 
・「ニックネーム」
・「生年月日」
 
これらの内容は、ご本人様確認が必要なお問い合わせをいただいた際に、確認材料の一部とさせていただきます。
※登録メールアドレスやカード情報がわからない場合などに有効です。
 
空欄になっている方がいらっしゃいましたら、
誠にお手数ですが、何かの機会にご登録いただけましたら幸いです。
 
▼設定ページ|プロフィール(要ログイン)
⇒ https://account.kabutan.jp/profile/nickname/edit
 
――――――――――――――――――
★今週末配信の「株探」おすすめ記事★
――――――――――――――――――
10月10日(土)
06時30分 今週読まれた記事
06時40分 今週の【早わかり株式市況】
08時00分 村瀬智一が斬る!深層マーケット
08時30分 植草一秀の「金融変動水先案内」
08時50分 今週の【話題株ダイジェスト】
09時00分 今週の【上場来高値銘柄】
10時00分 富田隆弥の【CHART CLUB】
19時30分 全方位「DX関連株」ビッグウェーブ特選5銘柄<株探トップ特集>
 
10月11日(日)
08時00分 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】※P
08時40分 和島英樹の「明日の好悪材料Next」※P ⇒ 記事一覧はこちら
09時00分 今週の「妙味株」一本釣り!
09時15分 杉村富生の短期相場観測
09時30分 北浜流一郎のズバリ株先見!
13時30分 明日の好悪材料
16時00分 10万円以下で買える、財務健全・低PER・低PBR【2部・新興】編<割安株特集>
17時00分 株価指数先物 【週間展望】
19時30分 上方修正“先回り”、20年12月期【業績上振れ】候補〔第2弾〕<成長株特集>
 
※P…プレミアム会員は全ページ閲覧可能
※上記の記事配信予定は、変更となる可能性があります。
 
 
 
 
今週も、最後までお読みくださいましてありがとうございました(・ヮ・)
 
☆次回配信は【 10月17日(土)】の予定です。
 
  あなたの相場に、幸あれ!――――☆
トップ >  特集一覧 > 株探編集部からのお手紙 > すべての“フタ”が外れる日
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.