トップ >  特集一覧 > 株探編集部からのお手紙 > とりあえず金利上昇対策

とりあえず金利上昇対策

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株探編集部からのお手紙 2021年09月25日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
- CONTENTS -
・今週のお手紙
・今週の注目記事
・利益成長“青天井”リスト【総集編】
・今月配当取りを狙える【高利回り】ベスト30
・今週の株探人気記事ランキング
・プロフィール登録のお願い
・今週末配信の「株探」おすすめ記事
――――――――――――――――――
 
株探太郎さま
 
おはようございます。
株探編集部です。
 
3営業日となった9月20日~24日の週の日経平均株価は、前日比2.2%の下落で始まり、同2.1%の上昇で終わりました。
 
毎度ながら騰落の主因は国内ではなく海外で、不動産大手の中国恒大集団の信用不安懸念と21日~22日開催のFOMC(米連邦公開市場委員会)をめぐる海外投資家のポジション調整、つまり需給が大きく作用した可能性があります。
 
今週の動きは、この後に紹介する「今週の注目記事☆その1」で、8月末から始まった日本株相場の急騰の背景として「海外投資家のポジション変更が作用した」との分析ともつながります。
 
ひとまず日本株に振り向けていた資金を、米中のイベントによって週初に一旦待避させたものを、リスク後退で戻したとすれば、今週の目まぐるしい変動も違和感はありません。
 
そうした中で来週の株式市場は、29日(水)に決定予定の自民党新総裁が推進する政策をめぐる思惑が作用すると見られています。
 
ただ、日本株のトレンドを作る海外投資家にとっては、日本の新政権誕生よりも、注視する存在があることも踏まえておくべきでしょう。それは、米国の金利上昇トレンドの行方です。
 
米10年債利回りはFOMCの終了を受けた23日に、前日から11ベーシスポイント(0.11%)上昇の1.43%で終わりました。1.4%台を付けたのは、7月中旬以来です。
 
市場の関心がテーパリング(量的緩和の縮小)から利上げに移り金利上昇が進行すれば、株式市場もそれに応じて変化が起こります。
 
最近の米国の金利上昇の局面を、10年債利回りが1%台に突入した1月初旬から、1.7%台半ばになった3月末までの期間とすると、この間にどのような変化があったのでしょうか。
 
米国ではS&P500のバリューが同グロースをアウトパフォームしました。また業種別の期間騰落率をETF(上場投資信託)で見ると、
 
金融の<IYF>は+10%超、不動産の<IYR>は+11%超、エネルギーの<IYE>は+20%超と2桁の上昇率となったのに対して、テックの<VGT>は+4%未満、生活必需品の<VDC>は+3%超でした(<>内はティッカー)。
 
景気敏感系が好調で、グロースやディフェンシブ系がやや停滞という構図でしょうか。
 
またテーマ系のETFを見ると、前回も触れたクリーンエネルギーの<ICLN>は▲22%超(▲はマイナス)、リチウム電池の<LIT>は▲16%超と2桁の下落となりました。
 
選出される自民党新総裁によっては、再生可能エネルギー、クリーンエネルギーへの注目度が高まる思惑もあります。
 
しかし、米国の金利上昇が重要マターになった際に、海外からの援護射撃による押し上げ効果は期待しない方が無難かもしれません。
 
――――――――――――――――――
☆今週の注目記事☆その1
――――――――――――――――――
リスクオンなき日本株・上昇相場の正体
――――――――――――――――――
【大川智宏の「日本株・数字で徹底診断!」】
◇第73回◇
 
連休明けの日本株市場はそれまでの好調ぶりから打って変わり、軟調の展開で始まりました。
 
先週までは、それまで史上最高値を更新してきた米国株が足踏みし下落基調となる一方で、日本株は8月下旬から勢いづき、9月初旬には8連騰することもありました。
 
それが足元では、中国発の信用不安が飛び火するリスクを注視している状況で、目下の関心はその行方かもしれません。
 
が、今回の記事はその前に見せた日本株の急騰の背景を分析し、それに基づく投資戦略をテーマにしています。これは、決して過ぎ去ったことの話ではありません。
 
先行きの関心は、中国の信用問題の行方や自民党新総裁・誕生後の物色の主体かもしれまん。
 
そうした次の展開を読む上でも、今一度、8月下旬からの日本株上昇の背景について考えてみることは、必要かつ重要な作業になります。
 
で、本題の先週までの上場相場の原動力はなんだったのか。筆者の大川智宏さんは「リスクオフ環境をもたらしたブル相場」と見るべきといいます。
 
その論拠として、過去の上昇相場と比較してPBR(株価純資産倍率)とROE(自己資本利益率)のファクターリターンから判別しています。
 
結論をいうと、先週までの上昇相場では低PBR銘柄は買われず、高ROE銘柄に資金が集まった特徴が見られます。
 
これが、なぜリスクオフモードでのブル相場と位置づけることになるのかは、『株探』プレミアムに登録して記事をご確認ください。
 
▼第73回
リスクオンなき日本株・上昇相場の正体
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202109220316
 
【大川智宏の「日本株・数字で徹底診断!」】
智剣・Oskarグループの主席ストラテジストである大川智宏が、日本株の行方をクオンツと呼ばれる金融工学の手法を駆使して診断します。
⇒ バックナンバーはこちら!
 
※「株探プレミアム」はワンランク上の情報を提供する有料サービスです。
プレミアム会員の方はログインしてからお読みください。
プレミアム会員以外の方は、最初の1ページ目は無料でご覧いただけます。
 
――――――――――――――――――
☆今週の注目記事☆その2
――――――――――――――――――
高価な「値がさ株」狙いに戦略転換したら資産6倍になった技
――――――――――――――――――
【強い投資家はどんな人~日本株投資家3900人調査で解明!】
 
売っている商品はお値打ち価格を打ち出しているのに、株式の購入価格は「高嶺の花」。そんな銘柄の代表格がファーストリテイリング<9983>でしょう。
 
足元の株価は7万7000円ほど。同社株の最低売買単位は100株ですから、手にするには770万円もの資金を投じなくてはなりません。
 
「お、ねだん以上」がキャッチフレーズのニトリホールディングス<9843>の株式も、保有するには最低でも足元で230万円近くと、コンパクトカーの新車が買える値段になってしまいます。
 
ファストリやニトリ株のような最低投資金額が50万円ないしは100万円以上になる株は、「値がさ株」と呼ばれています。
 
個人投資家にはおいそれと手を出しにくい値がさ株をターゲットにして、資産を膨らましてきたのが60代の専業投資家、湘南トレーダーさん(ハンドルネーム、以下湘南さん)です。
 
ある上場会社の子会社社長を務めていましたが、創意工夫が好きで独立心が強く起業を考えている中で、株式投資に魅了され、今は専業投資家を生業にしています。そんな湘南さんは、値がさ株投資で資産を6倍ほどに膨らますことに成功しています。
 
値がさ株は投資金額が大きくなるだけに、上昇すれば大きなリターン額を手にできる長所があります。
 
一方で、資金が限られた個人投資家の場合は最低単元しか購入できない場合がほとんどになるため、時間分散や銘柄分散によるリスク低減を図りにくいという短所もあります。
 
実際、湘南さんも、たいていが最低単元での投資になっています。こうした中で、資産を膨らまして来られたのには、3つのキーワードがあります。
 
それが、「下値リスクの抑制」「レバを利用した銘柄分散」「同じ失敗を繰り返さない」です。
 
ちなみに2番目は信用取引の活用になります。湘南さんは現物株を担保に値がさ株投資を行っています。そうしたスタイルを取りながら、昨春のコロナ暴落時には追証を回避できたといいます。
 
現物株を担保に値がさ株の信用取引をするのは、「リスクが高くてNG」という意見もあるでしょう。しかし、湘南さんには、それをステレオタイプの見方にしてしまう創意工夫があります。
 
それらを3回にわたって紹介していきます。詳しい内容は『株探プレミアム』に登録して、以下の3つの記事をご覧ください。
 
▼第30-1回(ケーススタディ編)
高価な「値がさ株」狙いに戦略転換したら資産6倍になった技
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202109230058
 
▼第30-2回(ケーススタディ編)
現物株担保の信用買いでも、コロナ暴落で「追証なし」の技
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202109240252
 
▼第30-3回(ケーススタディ編)
“リスクの高いNG取引”で成功の陰に「売買日記」あり
⇒ 9月25日土曜日 12時 公開予定
 
【強い投資家はどんな人~日本株投資家3900人調査で解明!】
⇒ バックナンバーはこちら!
 
※「株探プレミアム」はワンランク上の情報を提供する有料サービスです。
プレミアム会員の方はログインしてからお読みください。
プレミアム会員以外の方は、最初の1ページ目は無料でご覧いただけます。
 
☆――――――――――――――――☆
 
 
(株探プレミアムって、どんな機能があるんだろう?)
    .。o○
( ´・ω・`)
 
 
株探プレミアムは専用コラムだけではありません。
 
ヒストリカルPER、リアルタイム株価、通期業績25期分、日本の株主など、月額2460円(税込)※でいろいろな機能をご利用いただけます。
 
※日本株プランをご契約の場合
 
詳しくは↓こちらをご覧ください。
 
▼株探プレミアムのご紹介
⇒ https://info.kabutan.jp/
 
 
――――――――――――――――――
好評配信中!利益成長「青天井」リスト
第4弾は明日19時30分リリース
――――――――――――――――――
今週の成長株特集は、先週に続いて「利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】」をお届けします。23日(木)に配信した「第3弾」では、時価総額50億円以上800億円未満の東証1部上場銘柄の中から、21年4-6月期の経常利益が全四半期ベースの過去最高益を達成し、通期予想も最高益更新を見込む企業を紹介しました。
 
明日26日(日)19時30分にリリースする「第4弾」では、東証2部、マザーズ、ジャスダック銘柄を対象に、今後も力強い成長が期待される利益成長「青天井」銘柄をリストアップします。有望銘柄の発掘にご活用ください!
 
▼利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 (9/23)
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202109230107
 
※記事配信後は[特集]の一覧に表示されます。ぜひチェックしてください。
▼[PC]市場ニュースの[特集]
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?category=5
▼[スマホ]市場ニュースの[特集]
⇒ https://s.kabutan.jp/market_news/?category_org_id=5
 
※各特集記事はフリーコンテンツです。どなた様もご覧いただけます。
 
――――――――――――――――――
☆今月配当取りを狙える【高利回り】ベスト30☆
――――――――――――――――――
<割安株特集>で人気の「配当取りを狙える【高利回り】ベスト30」。毎月上旬、中旬、下旬と計3回配信しています。
 
最新記事は↓こちらです!
 
☆まだ間に合う、9月配当【高利回り】ベスト30「東証1部」編<割安株特集>
⇒ 09月23日(木)08時00分
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202109230052
 
☆まだ間に合う、9月配当【高利回り】ベスト30「2部・新興他」編<割安株特集>
⇒ 09月23日(木)11時00分
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202109230069
 
※記事配信後は[特集]の一覧に表示されます。ぜひチェックしてください。
▼[PC]市場ニュースの[特集]
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?category=5
▼[スマホ]市場ニュースの[特集]
⇒ https://s.kabutan.jp/market_news/?category_org_id=5
 
※各特集記事はフリーコンテンツです。どなた様もご覧いただけます。
※配信予定は変更となる可能性があります。
 
――――――――――――――――――
◇今週の株探人気記事ランキング!◇
――――――――――――――――――
※09月24日昼頃集計/PC・スマホ合計
 
一週間(前週金曜昼から今週金曜昼まで)の人気記事ランキングをお届けします!
 
1.超絶AI新時代、デジタル革命で開花する「次の主役」厳選5銘柄 <株探トップ特集>
2.利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 37社選出 <成長株特集>
3.【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─株高で妙味増す”売り長”銘柄を攻める!
4.【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月21日発表分)
5.明日の株式相場に向けて=恒大破綻のシナリオと次の一手
 
今週の詳しい動向は、土曜朝06時30分配信の【今週読まれた記事】でもご紹介しています。
併せてご覧ください!
 
▼[PC]09月25日の市場ニュース[特集](一覧の下にあります)
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?category=5&date=20210925
▼[スマホ]市場ニュース[特集]
⇒ https://s.kabutan.jp/market_news/?category_org_id=5
 
――――――――――――――――――
◆◇会員プロフィール登録のお願い◇◆
対象:2018年11月以前に会員登録された方
――――――――――――――――――
2018年11月の無料会員開始に伴い、会員登録情報の項目に次の2つを増やしました。
 
・「ニックネーム」
・「生年月日」
 
これらの内容は、ご本人様確認が必要なお問い合わせをいただいた際に、確認材料の一部とさせていただきます。
※登録メールアドレスやカード情報がわからない場合などに有効です。
 
空欄になっている方がいらっしゃいましたら、
誠にお手数ですが、何かの機会にご登録いただけましたら幸いです。
 
▼設定ページ|プロフィール(要ログイン)
⇒ https://account.kabutan.jp/profile/nickname/edit
 
――――――――――――――――――
★今週末配信の「株探」おすすめ記事★
――――――――――――――――――
09月25日(土)
06時30分 今週読まれた記事
06時40分 今週の【早わかり株式市況】
08時00分 村瀬智一が斬る!深層マーケット
08時30分 植草一秀の「金融変動水先案内」
08時50分 今週の【話題株ダイジェスト】
09時00分 今週の【上場来高値銘柄】
10時00分 富田隆弥の【CHART CLUB】
12時00分 “リスクの高いNG取引”で成功の陰に「売買日記」あり※P
19時30分 「メタバース」で広がる新成長局面、VR関連株は再評価本番 <株探トップ特集>
 
09月26日(日)
午前中  伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】※P
09時00分 今週の「妙味株」一本釣り!
09時15分 杉村富生の短期相場観測
09時30分 北浜流一郎のズバリ株先見!
13時30分 明日の好悪材料
16時00分 10万円以下で買える、連続増益&低PER【2部・新興】編 <割安株特集>
17時00分 株価指数先物 【週間展望】
18時30分 和島英樹のマーケット・フォーキャスト
19時30分 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第4弾<成長株特集>
 
※P…プレミアム会員は全ページ閲覧可能
※配信予定は変更となる可能性があります。
 
 
 
寒暖の差が激しい日々が続きますが、お体を大切に!
 
今週も、最後までお読みくださいましてありがとうございました(・ヮ・)
 
 
☆次回配信は【 10月02日(土)】の予定です。
 
あなたの相場に、幸あれ!――――☆
 
トップ >  特集一覧 > 株探編集部からのお手紙 > とりあえず金利上昇対策
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.