トップ >  特集一覧 > 株探編集部からのお手紙 > アンモニアは脱炭素への“切り札”となるか

アンモニアは脱炭素への“切り札”となるか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株探編集部からのお手紙 2021年03月06日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
- CONTENTS -
・今週のお手紙
・今週の注目記事
・上方修正“先回り”有力候補リスト
・3月配当取りを狙える【高利回り】ベスト30
・今週の株探人気記事ランキング
・プロフィール登録のお願い
・今週末配信の「株探」おすすめ記事
――――――――――――――――――
 
株探太郎さま
 
おはようございます。
株探編集部です。
 
3月相場入りしました。先週からの波乱が続いており、週明け一旦回復したものの4日に改めて売られ、今週の日経平均株価は2万8864円で取引を終了しました。しかし、週末5日は一時600円超安から下げ渋って65円安で引けており、押し目買い意欲も強いことが見て取れます。
 
中長期展望には変化が無いと考えて良いのではないでしょうか。新型コロナワクチンの接種が進み、経済復活への道筋が見えてきたとはいえ、各国の超低金利政策が現段階で変更されるとは考えにくいというのが根拠です。
 
一方、長期金利の上昇に代表されるように、市場が“超過剰流動性相場”の終焉を意識し始めている可能性については気に留めておかなければならないかもしれません。FRBや各国中銀の行動に市場が大きく反応することも増えそうです。
 
ここ“脱炭素化”へ向けた新エネルギーとして「アンモニア」が注目されており、株式市場でも関連銘柄が活況となっています。燃焼させても二酸化炭素(CO2)を排出しない次世代クリーンエネルギーとして研究が続けられ、実用化が期待されています。アンモニアはもともと工業・肥料用途で需要があり、生成・運搬のインフラが整っていることが他の新燃料に比べ有利な点です。
 
また先月26日、トヨタ自動車 <7203> が燃料電池システムを外販すると発表したことが話題となりましたが、これは燃料電池車の普及でネックとなっていた水素ステーション整備の遅れの解決を図る戦略ともみられています。システムの普及で水素需要が増せば、それだけインフラも整うという道理です。
 
画期的な新技術が実用に至るまでには様々な問題が立ちはだかります。なかでもインフラの整備は新エネルギー普及のための“最重要問題”といって差し支えありません。インフラが整備できず結果的に高コストとなり、消えていった新エネルギーも存在します。
 
そうした観点から見た場合、アンモニアの“既存技術・設備の流用可能性”はかなりの利点であり、脱炭素社会への切り札となり得るポテンシャルを秘めていると言えるのかもしれません。
 
――――――――――――――――――
☆今週の注目記事☆その1
――――――――――――――――――
痛たぁ~、コロナ暴落で資産半減、そこから3倍返しの5億円を勝ち取ったワケ
――――――――――――――――――
【すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 ともさんの場合】
◇第1回◇
 
「えっ」「えっ」「えっ」…。
 
今回、登場のすご腕投資家、ともさん(ハンドルネーム)の話を聞いている中では、息をのむ、というか唖然とさせられる場面が、何度もありました。
 
いったい何に唖然としたのかいうと、まず運用資産の大きさ。若手という以外は、詳しいプロフィールを把握できず、「内容次第では掲載できない可能性もあり」と覚悟し、取材に臨んだというのが正直なところです。
 
ところが、いろいろと質問していくと、なんと30代で平均的なサラリーマンの生涯年収を軽く上回る資産を築いていたことが判明したこと。しかも、2004年に1000万円を元手に始めてから15年余りで30倍にしたというのです。
 
これは、すご腕投資家さんの取材には「あるある」の驚きですが、ともさんで驚かされたのは、資産半減など結構な水準のヤラレを何度もしていながら、それを倍返し以上で克服していることです。
 
多くのすご腕さんも、リーマンなどのショック時には、大ヤラレしている場合が多いですが、ともさんの場合、ヤラレ後にそれを超える額のリターンを勝ち取っていることが多いのが印象的でした。
 
一方で、ともさんに対してならではの驚きが、資産変動のボラの大きさとは対極に、ご本人は感情の起伏を抑えて冷静沈着に、そして合理的に判断ができる人なのだと理解できたこと。
 
それこそ、冷静に考えれば納得ですね。頻繁にアドレナリン全開になる性格ならば、合理的な判断はしにくくなりますから、倍返し以上のリベンジリターンを勝ち取るようなことは困難になります。
 
そんな、ともさんの第1回目の記事は、タイトル通りコロナ暴落で大ヤラレ後に、3倍返しした技にフォーカスしました。その詳しい内容は、株探プレミアムに登録してご覧ください。
 
▼ともさんの場合-第1回
痛たぁ~、コロナ暴落で資産半減、そこから3倍返しの5億円を勝ち取ったワケ
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202103050495
 
【すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技】
投資上手の人はどんなふうにして銘柄を選ぶのか。また買い時や売り時はどのようにして判断しているのか。株で1億円以上を稼いでいるような「すご腕投資家」の実例をそのノウハウとともに紹介します。
⇒ バックナンバーはこちら!
 
※「株探プレミアム」はワンランク上の情報を提供する有料サービスです。
プレミアム会員の方はログインしてからお読みください。
プレミアム会員以外の方は、最初の1ページ目は無料でご覧いただけます。
 
――――――――――――――――――
☆今週の注目記事☆その2
――――――――――――――――――
PCR検査費用、払い戻さなかったチケット代は控除の対象になる?
~ 「コロナ禍の確定申告 その2」
――――――――――――――――――
【清水香の「それって常識? 人生100年マネーの作り方】
◇第24回◇
 
問題です。
所得税の額を減らす控除には、「所得控除」と「税額控除」があります。両者の違いは?
 
答え:所得控除は、課税所得を計算する際に、総所得金額(いわゆる収入)から調整(差し引く)するもので、全部で15種類あります。
一方の税額控除は、課税所得から計算された所得税から、調整するものです。
 
続いて問題です。
所得控除の1つに「医療費控除」があります。自己判断でコロナのPCR検査を受けた場合、その費用は医療費控除の対象になるでしょうか。
 
答え:結果が「陰性」だった場合は対象外ですが、「陽性」だった場合は対象になります。
 
最後の問題です。
寄付金は、所得控除になる場合と、税額控除になる場合があります。イベントが中止になったチケット代を払い戻さない場合、控除の対象になるでしょうか?
 
最後の問題の答え、そして医療費控除の対象に「なる」「ならない」の主な項目、そして医療費控除で勘違いしやすいポイントなどは、株探プレミアムに登録してご確認ください。
 
▼第24回
PCR検査費用、払い戻さなかったチケット代は控除の対象になる?
~ 「コロナ禍の確定申告 その2」
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202103040264
 
【清水香の「それって常識? 人生100年マネーの作り方】
うまい投資家は、投資に限らずお金にまつわる様々な感度が高いもの。人生100年時代のお金の新常識を、財務省の専門家会議の委員やNHK「あさイチ」など各種メディアで活躍するファイナンシャルプランナーの清水香が伝授します。
⇒ バックナンバーはこちら!
 
※「株探プレミアム」はワンランク上の情報を提供する有料サービスです。
プレミアム会員の方はログインしてからお読みください。
プレミアム会員以外の方は、最初の1ページ目は無料でご覧いただけます。
 
☆――――――――――――――――☆
 
 
(株探プレミアムって、どんな機能があるんだろう?)
    .。o○
( ´・ω・`)
 
 
株探プレミアムは専用コラムだけではありません。
 
ヒストリカルPER、リアルタイム株価、通期業績25期分、日本の株主など、月額2178円(税込)でいろいろな機能をご利用いただけます。
 
詳しくは↓こちらをご覧ください!
 
▼株探プレミアムのご紹介
⇒ https://info.kabutan.jp/
 
 
――――――――――――――――――
上方修正“先回り”有力候補
明日19時30分に第1弾をリリース!
――――――――――――――――――
4日(木)の成長株特集は、先週から続くシリーズ「10-12月期【利益倍増】企業はこれだ!」の第4弾をお届けしました。時価総額100億円以上250億円未満の3月期決算企業の中から、直近3ヵ月実績の10-12月期に、経常利益が前年同期と比べ倍増した企業をリストアップしています。
 
▼10-12月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第4弾〕45社選出 (3/4)
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202103041054
 
明日7日(日)19時30分にリリースする「上方修正“先回り”、21年3月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕」では、時価総額600億円以上の銘柄を対象に、4-12月(第3四半期累計)業績が好調で、経常利益の通期計画に対する進捗率が高く、上方修正が期待できる銘柄を紹介します。有望成長株の発掘にご活用ください!
 
※記事配信後は[特集]の一覧に表示されます。ぜひチェックしてください。
▼[PC]市場ニュースの[特集]
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?category=5
▼[スマホ]市場ニュースの[特集]
⇒ https://s.kabutan.jp/market_news/?category_org_id=5
 
※各特集記事はフリーコンテンツです。どなた様もご覧いただけます。
 
――――――――――――――――――
☆3月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30☆
――――――――――――――――――
<割安株特集>で人気の「配当取りを狙える【高利回り】ベスト30」。毎月上旬、中旬、下旬と計3回配信しています。
 
最新記事は↓こちらです。
 
☆3月配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 「東証1部」編
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202103020948
 
☆3月配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 「2部・新興」編
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202103020981
 
※各特集記事はフリーコンテンツです。どなた様もご覧いただけます。
 
――――――――――――――――――
【株探ユーザーのバイブル】
横山利香の
ゼロから始める「株探」の歩き方
――――――――――――――――――
株が大好き、認定テクニカルアナリストの横山利香さんによる、株探の世界を隈なく探索するための実践ガイドの連載です。
 
これまで34回にわたって株探の無料コンテンツをじっくりと紹介してきましたが、今回からはいよいよ有料の「株探プレミアム」が提供するサービスにも触れながら、株探の活用法を掘り下げていきます。
 
決算発表の集中期間は一段落しましたが、投資家の皆さんは各企業の業績動向の分析に余念が無いことと思われます。今回はファナック <6954> を教科書に、プレミアムコンテンツの最大25期の業績推移や成長性タブ、5年間の業績修正履歴、20四半期の3ヵ月業績…など、図版をふんだんに駆使して、業績とそれを映す鏡である株価との関係に斬り込んでいきます。
 
値上がりが期待できる銘柄を発掘するには、横山さんは「決算の数値から業績を読み込む力」と「チャートを読んで株価に落とし込む力」の2つの力が必要になると強調します。今回の「歩き方」はその力を獲得するための道標となる記事です。
 
横山さんのわかりやすい解説で、あなたも“株探の達人”に!
 
▼最新記事(02月15日公開)
(35)株式投資の醍醐味は企業の成長に伴う株価上昇【株探プレミアム 業績推移と株価】
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202102150335
 
★前シリーズも読めます★
⇒ バックナンバーはこちら!
 
※当連載はフリーコンテンツです。どなた様もご覧いただけます。
 
――――――――――――――――――
◇今週の株探人気記事ランキング!◇
――――――――――――――――――
※03月05日昼頃集計/PC・スマホ合計
 
一週間(前週金曜昼から今週金曜昼まで)の人気記事ランキングをお届けします!
 
1.大波乱相場の真相と処方箋 この中低位7銘柄で3月相場に臨め! <株探トップ特集>
2.【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (3月1日発表分)
3.3月配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 「東証1部」編 <割安株特集>
4.【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 自律反発を狙い、逆張り投資のタイミングを待つ!
5.【杉村富生の短期相場観測】 ─ 日米両市場ともに波乱だが、懸念は無用!
 
今週の詳しい動向は、土曜朝06時30分配信の【今週読まれた記事】でもご紹介しています。
併せてご覧ください!
 
▼[PC]03月06日の市場ニュース[特集](一覧の下にあります)
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?category=5&date=20210306
▼[スマホ]市場ニュース[特集]
⇒ https://s.kabutan.jp/market_news/?category_org_id=5
 
――――――――――――――――――
◆◇会員プロフィール登録のお願い◇◆
対象:2018年11月以前に会員登録された方
――――――――――――――――――
2018年11月の無料会員開始に伴い、会員登録情報の項目に次の2つを増やしました。
 
・「ニックネーム」
・「生年月日」
 
これらの内容は、ご本人様確認が必要なお問い合わせをいただいた際に、確認材料の一部とさせていただきます。
※登録メールアドレスやカード情報がわからない場合などに有効です。
 
空欄になっている方がいらっしゃいましたら、
誠にお手数ですが、何かの機会にご登録いただけましたら幸いです。
 
▼設定ページ|プロフィール(要ログイン)
⇒ https://account.kabutan.jp/profile/nickname/edit
 
――――――――――――――――――
★今週末配信の「株探」おすすめ記事★
――――――――――――――――――
03月06日(土)
06時30分 今週読まれた記事
06時40分 今週の【早わかり株式市況】
08時00分 植木靖男の相場展望
08時50分 今週の【話題株ダイジェスト】
09時00分 今週の【上場来高値銘柄】
10時00分 富田隆弥の【CHART CLUB】
19時30分 「デジタルライブ関連株」に熱視線、コロナ禍のなか新地平切り拓く<株探トップ特集>
 
03月07日(日)
08時00分 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】※P
08時40分 和島英樹の「明日の好悪材料Next」※P ⇒ 記事一覧はこちら
09時00分 今週の「妙味株」一本釣り!
09時15分 杉村富生の短期相場観測
09時30分 北浜流一郎のズバリ株先見!
13時30分 明日の好悪材料
16時00分 10万円以下で買える、高ROE&低PBR【2部・新興】編<割安株特集>
17時00分 株価指数先物 【週間展望】
19時30分 上方修正“先回り”、21年3月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕<成長株特集>
 
※P…プレミアム会員は全ページ閲覧可能
※記信予定は変更となる可能性があります。
 
 
 
 
どうも暖かいと思ったら、昨日(5日)は「啓蟄(けいちつ)」でした。もうすぐ春ですね♫
 
今週も、最後までお読みくださいましてありがとうございました(・ヮ・)
 
 
☆次回配信は【 03月13日(土)】の予定です。
 
あなたの相場に、幸あれ!――――☆
トップ >  特集一覧 > 株探編集部からのお手紙 > アンモニアは脱炭素への“切り札”となるか
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.