トップ >  特集一覧 > 株探編集部からのお手紙 > 早すぎる“春一番”次に来るのは“春雷”か

早すぎる“春一番”次に来るのは“春雷”か

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株探編集部からのお手紙 2021年02月20日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
- CONTENTS -
・今週のお手紙
・今週の注目記事
・株価チャートに新機能搭載!
・「株価チャート」が表示されない場合
・利益成長【青天井】&【利益倍増】
・まだ間に合う、2月配当【高利回り】ベスト30
・今週の株探人気記事ランキング
・プロフィール登録のお願い
・今週末配信の「株探」おすすめ記事
――――――――――――――――――
 
株探太郎さま
 
おはようございます。
株探編集部です。
 
待望の“日経平均3万円台到達”です。しかし内実は、日銀と海外投資家の資金が一部の値がさ株へ集中した結果の指数底上げであり、相場の実態を正確に反映していないように思われます。例えば16日の日経平均は383円高、一時630円高を記録したにもかかわらず、東証1部の値上がり銘柄数は846社。値下がりの1251社を405社も下回っています。このように、どこか実感のない熱気に欠ける印象の強い大台突破となりました。
 
実態を伴わない株価膨張という意味では、これも“バブル相場”と呼ぶのかもしれません。しかし、一般に言うバブルでは個人投資家も一体となって相場を過熱させ、やがて破裂しますが、今回はそうした性質のものではないようです。
 
今年は“春一番”が統計史上最も早く吹いた年となりました。不意の暖かさに衣類の調整もままならず戸惑ったことと思います。今週、突然訪れた“日経平均3万円到達”も、思いがけず吹いた強風という意味でイメージが重なります。
 
そしてこのまま本格的な春が訪れるとは思えないという点でも、今回の大台突破は“春一番”になぞらえるのが適切ではないでしょうか。近く調整が訪れた後、今度は多くの投資家の実感を伴って再びの3万円突破というシナリオが理想的に思えます。
 
10-12月期決算は概ね好調であり、製造業を中心にコロナ禍からの回復を鮮明にしています。国内で新型コロナワクチンの接種も始まりました。また、海外ではワクチンの効果が証明されつつあります。これらの材料は“春”を感じさせるには充分です。
 
しかし、米国で長期金利の上昇が警戒されるなど、既に急変の種となりそうな材料が見え隠れしています。これらが“春雷”となって市場に襲いかかる可能性については充分に備える必要がありそうです。
 
――――――――――――――――――
☆今週の注目記事☆その1
――――――――――――――――――
3万円相場に焦るな、強いテーマの出遅れ株と米国株追っかけのコツコツ戦略で
――――――――――――――――――
【元・証券ディーラーに聞く、需給で考えるウィズコロナ相場~第3回】
 
いつかは乗ると思っていたけど、まさかこれほど早くくるとは。
乗るにしても、いったん大きな調整の後ではないか。
 
30年半振りという気の遠くなる時間がかかった日経平均株価の3万円回復ですが、今年1月末から2週間で2500円の上昇で達成するスピード感に戸惑っている人も多いでしょう。
 
その背景には、2月最初の週に4200億円を買い越した海外投資家の存在が大きいかもしれませんが、本シリーズ1回目で指摘したインバース型ETFの信用買い残を巡る225先物の売買が影響している可能性もあります。
 
スピード達成の解釈はいろいろとできますが、重要なのは過ぎ去ったことより、これから先のことです。仮に足元の波に乗り遅れても、焦りは禁物とたけぞうさん(ハンドルネーム)はいいます。
 
では、どうしたらいいのか。前回記事では、まず基本姿勢としてお金の集まるところに素直に乗る「強いものは強い」戦略を取り、それを長期視点と短期視点に分け、自分のスタイルに合うやり方を選ぶことを紹介しました。
 
そして具体策として、まず前段の長期視点での銘柄選びのポイントを解説しました。今回は後段の短期視点です。その核となるのがテーマ株。
 
といっても1年ほど前に一時脚光を浴びた「マスク関連」など短命に終わってしまう可能性が高いテーマではなく、政策の後押しを受けながら長続きしそうなテーマを見極めることを勧めています。そうしたテーマの出遅れ銘柄なら、今後、脚光を浴びる期待も高まるかもしれません。
 
またテーマ以外の手法なども紹介しています。
 
その詳しい内容は、株探プレミアムに登録してご覧ください。
 
▼第3回
3万円相場に焦るな、強いテーマの出遅れ株と米国株追っかけのコツコツ戦略で
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202102190241
 
【プレミアム専用スペシャルリポート】
個人投資家のために、金融・経済さらには政治、社会、文化に関連する話題を選りすぐったハイクオリティ・リポートです。
⇒ バックナンバーはこちら!
 
※「株探プレミアム」はワンランク上の情報を提供する有料サービスです。
プレミアム会員の方はログインしてからお読みください。
プレミアム会員以外の方は、最初の1ページ目は無料でご覧いただけます。
 
――――――――――――――――――
☆今週の注目記事☆その2
――――――――――――――――――
あなたの「Go To」クーポン利用額は大丈夫? 目安は50万円と90万円 ~「コロナ禍の確定申告 その1」
――――――――――――――――――
【清水香の「それって常識? 人生100年マネーの作り方】
◇第23回◇
 
今は中断されていますが、昨年からGo ToトラベルやGo Toイートなどのキャンペーンを使って、旅行や食事をしたという人も多いのではないでしょうか。ほかにGo Toイベントもありましたね。
 
このGo Toキャペーンをたくさん利用したという人には、今回の記事は閲読必須です。なぜなら利用額というか、利用して受け取ったポイントやクーポンの総額次第で、確定申告が必要になるからです。
 
確定申告をしている人はすでにご存じかもしれませんが、Go ToトラベルやGo Toイートで受け取ったポイントは、一時所得と呼ぶ所得になります。ポイント分の割引を受けたように捉えがちですが、正式には所得です。
 
この一時所得は年末調整で手続きされないので、源泉徴収されている会社員、より的確な表現を使うと給与所得者は、必要に応じて確定申告しなくてはなりません。
 
そして確定申告が必要になる目安が50万円、そして90万円です。なぜかについては株探プレミアムに登録して、記事をご覧ください。
 
ちなみに今回の記事で紹介していますが、Go Toキャンペーンと同様の対策で導入された新型コロナウイルス対策で一人一律10万円の「特別定額給付金」は非課税です! ですから「5人家族で50万円受け取ったよ」という人でも、安心してください(笑)。
 
最後になりますが、Go Toキャンペーン以外にも一時所得になる対象はたくさんあります。またコロナ対策で実施された給付金・支援金で非課税になるものも多数あります。
 
もちろんコロナ対策で導入されたもの以外でも、課税・非課税になるものが、いろいろとあります。その詳しい内容は、繰り返しになりますが株探プレミアムに登録して、ご確認ください。
 
▼第23回
あなたの「Go To」クーポン利用額は大丈夫? 目安は50万円と90万円 ~「コロナ禍の確定申告 その1」
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202102180253
 
【清水香の「それって常識? 人生100年マネーの作り方】
うまい投資家は、投資に限らずお金にまつわる様々な感度が高いもの。人生100年時代のお金の新常識を、財務省の専門家会議の委員やNHK「あさイチ」など各種メディアで活躍するファイナンシャルプランナーの清水香が伝授します。
⇒ バックナンバーはこちら!
 
※「株探プレミアム」はワンランク上の情報を提供する有料サービスです。
プレミアム会員の方はログインしてからお読みください。
プレミアム会員以外の方は、最初の1ページ目は無料でご覧いただけます。
 
――――――――――――――――――
☆今週の注目記事☆その3
――――――――――――――――――
SNSの反響に群がるのは適者生存!? ⇒「エコー・チェンバー」現象
――――――――――――――――――
【大槻奈那の「だからあなたは損をする~心理バイアスの罠にはまらない技」】
◇第13回◇
 
インターネットの黎明期には、ネット技術はボーダーレス、それは国境に限らず、さまざまな境界を瞬時に乗り越えさせてくれるバラ色のツールのように見えていました。
 
しかし、普及から四半世紀近くたった今、ネットは自分の居心地を良くさせてくれる領域と、そうではない領域の境目を深く、そして広げてしまうツールに陥った感もあります。閉鎖されたトランプ元米大統領のツイッターは、その最たるものでしょう。
 
自分と同じ意見の人たちの間で議論することで、自分の考え方が正しいと信じ、それを増強させていくことを「エコー・チェンバー」現象といいます。チェンバーとは部屋のことで、閉鎖された部屋の中で残響音が生じる仕組みを例えとして使ったのが、この現象です。
 
今週、米議会で公聴会が開かれた米ゲームストップ<GME>株事件も、「レディット(Reddit)」と「ロビンフッド(Robinhood)」というネットツールがもたらしたエコー・チェンバー現象です。
 
今回の記事によれば、なんとロビンフッドで売買される小型株(penny stock)に関するコメント数でロング・ショートした「レディット・トレンド・インデックス」なるものもあるようです。
 
日本でも、俗にイナゴ投資家といわれる短期で売買益を狙う存在も登場しており、それはSNS(交流サイト)の普及によるエコー・チェンバー現象の側面もあるでしょう。
 
投資では、多くの人が注目・共鳴するものに乗るのは正攻法の戦略の1つです。一方で、人の目がまだ行き届いていないものを先回りするのも、リターンを狙ううえで欠かせません。先回りするには、知識や興味など自分の世界を広げていく努力も要するはず。
 
「需給に惑わされず、需給の波を利用するには、自分のちっちゃな脳みそで安易に判断しない慎重さが必要だ」というのが、編集部Mの今回の感想です。
 
ちなみにMは、以前の職場で出会ったある編集長に「おまえのようなちっちゃな脳みそで考えるな! 足を使って取材してこい」と、今ではパワハラで訴えたいような言葉で(笑)、叱咤激励されておりました。
 
話は脱線しましたが、エコー・チェンバー現象が投資に及ぼす影響については、株探プレミアムに登録して、記事をご覧ください。
 
▼第13回
SNSの反響に群がるのは適者生存!? ⇒「エコー・チェンバー」現象
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202102160265
 
【大槻奈那の「だからあなたは損をする~心理バイアスの罠にはまらない技」】
マネックス証券・執行役員チーフアナリストの大槻奈那が心理学と経済学を融合した行動経済学の知見を踏まえながら個人投資家が陥りやすい心理の罠に迷い込まないポイントを紹介していきます。
⇒ バックナンバーはこちら!
 
※「株探プレミアム」はワンランク上の情報を提供する有料サービスです。
プレミアム会員の方はログインしてからお読みください。
プレミアム会員以外の方は、最初の1ページ目は無料でご覧いただけます。
 
☆――――――――――――――――☆
 
 
(株探プレミアムって、どんな機能があるんだろう?)
    .。o○
( ´・ω・`)
 
 
株探プレミアムは専用コラムだけではありません。
 
ヒストリカルPER、リアルタイム株価、通期業績25期分、日本の株主など、月額1980円(税込2178円)でいろいろな機能をご利用いただけます。
 
詳しくは↓こちらをご覧ください!
 
▼株探プレミアムのご紹介
⇒ https://info.kabutan.jp/
 
 
――――――――――――――――――
<多機能チャートに新機能!>
「200日など長期移動平均線」「RSI」「RCI」を搭載
――――――――――――――――――
この度、株探ではユーザーからの要望にお応えして、株価チャートに「200日移動平均線」などの長期移動平均線ならびにテクニカル指標の「RSI」と「RCI」を新規に追加いたしました。
 
詳しくは下記のお知らせページをご覧ください。
 
▼【告知】「200日など長期移動平均線」および「RSI」「RCI」一挙新搭載のお知らせ
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202102150814
 
――――――――――――――――――
株価チャートが正常に表示されない場合
――――――――――――――――――
この度の株価チャート新機能追加に伴い、一部のご利用環境において、チャートが正常に表示されない現象が発生する場合がございます。
 
チャートが重い、ロード中のままになってしまうなど、チャートが正常に表示されない場合は、お手数ですが下記をご参照ください。
 
▼【告知】「株価チャート」が表示されない場合の対処法につきまして
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202102160596
 
▼ヘルプ|Internet Explorerでチャートが正常に表示されない
⇒ https://support.kabutan.jp/hc/ja/articles/900004467786
 
▼ヘルプ|IE以外のブラウザでチャートが正常に表示されない
⇒ https://support.kabutan.jp/hc/ja/articles/900005459463
 
――――――――――――――――――
利益成長【青天井】銘柄は第3弾リリース
明日は10-12月期【利益倍増】はこれだ!
――――――――――――――――――
18日(木)の成長株特集は、「利益成長【青天井】銘柄リスト」の第3弾をリリースしました。2月12日から17日に決算を発表した企業の中から、直近3ヵ月の10-12月期に経常利益が全四半期ベースの過去最高益を達成し、かつ通期も最高益更新を見込む企業をリストアップしています。
 
▼利益成長【青天井】銘柄リスト〔第3弾〕 <成長株特集>
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202102180941
 
来週からは新シリーズ「10-12月期【利益倍増】企業はこれだ!」をお届けします。明日19時30分配信の第1弾では、時価総額2000億円以上の3月期決算企業を対象に、直近3ヵ月実績である10-12月期に経常利益が前年同期と比べ倍増した企業を紹介します。有望成長株の発掘にご活用ください!
 
※記事配信後は[特集]の一覧に表示されます。ぜひチェックしてください。
▼[PC]市場ニュースの[特集]
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?category=5
▼[スマホ]市場ニュースの[特集]
⇒ https://s.kabutan.jp/market_news/?category_org_id=5
 
※各特集記事はフリーコンテンツです。どなた様もご覧いただけます。
 
――――――――――――――――――
まだ間に合う、2月配当【高利回り】ベスト30
――――――――――――――――――
<割安株特集>で人気の「配当取りを狙える【高利回り】ベスト30」。毎月上旬、中旬、下旬と計3回配信しています。
 
現在配信中の最新記事は…
 
▼まだ間に合う、2月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集>(02/18)
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202102180928
 
※各特集記事はフリーコンテンツです。どなた様もご覧いただけます。
 
――――――――――――――――――
【最新話公開!】
横山利香の
ゼロから始める「株探」の歩き方
――――――――――――――――――
株が大好き、認定テクニカルアナリストの横山利香さんによる、株探の世界を隈なく探索するための実践ガイドの連載です。
 
これまで34回にわたって株探の無料コンテンツをじっくりと紹介してきましたが、今回からはいよいよ有料の「株探プレミアム」が提供するサービスにも触れながら、株探の活用法を掘り下げていきます。
 
決算発表の集中期間は一段落しましたが、投資家の皆さんは各企業の業績動向の分析に余念が無いことと思われます。今回はファナック <6954> を教科書に、プレミアムコンテンツの最大25期の業績推移や成長性タブ、5年間の業績修正履歴、20四半期の3ヵ月業績…など、図版をふんだんに駆使して、業績とそれを映す鏡である株価との関係に斬り込んでいきます。
 
値上がりが期待できる銘柄を発掘するには、横山さんは「決算の数値から業績を読み込む力」と「チャートを読んで株価に落とし込む力」の2つの力が必要になると強調します。今回の「歩き方」はその力を獲得するための道標となる記事です。
 
横山さんのわかりやすい解説で、あなたも“株探の達人”に!
 
▼最新記事(02月15日公開)← NEW!
(35)株式投資の醍醐味は企業の成長に伴う株価上昇【株探プレミアム 業績推移と株価】
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202102150335
 
★前シリーズも読めます★
⇒ バックナンバーはこちら!
 
※当連載はフリーコンテンツです。どなた様もご覧いただけます。
 
――――――――――――――――――
◇今週の株探人気記事ランキング!◇
――――――――――――――――――
※02月19日昼頃集計/PC・スマホ合計
 
一週間(前週金曜昼から今週金曜昼まで)の人気記事ランキングをお届けします!
 
1.【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ お宝銘柄が春を待つ「アフターコロナ関連」
2.利益成長【青天井】銘柄リスト〔第2弾〕 33社選出 <成長株特集>
3.【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (2月12日発表分)
4.「景気敏感+半導体」、増額修正相次ぐ化学株に再評価の芽膨らむ <株探トップ特集>
5.明日の株式相場に向けて=ビットコイン急騰の衝撃波
 
今週の詳しい動向は、土曜朝06時30分配信の【今週読まれた記事】でもご紹介しています。
併せてご覧ください!
 
▼[PC]02月20日の市場ニュース[特集](一覧の下にあります)
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?category=5&date=20210220
▼[スマホ]市場ニュース[特集]
⇒ https://s.kabutan.jp/market_news/?category_org_id=5
 
――――――――――――――――――
◆◇会員プロフィール登録のお願い◇◆
対象:2018年11月以前に会員登録された方
――――――――――――――――――
2018年11月の無料会員開始に伴い、会員登録情報の項目に次の2つを増やしました。
 
・「ニックネーム」
・「生年月日」
 
これらの内容は、ご本人様確認が必要なお問い合わせをいただいた際に、確認材料の一部とさせていただきます。
※登録メールアドレスやカード情報がわからない場合などに有効です。
 
空欄になっている方がいらっしゃいましたら、
誠にお手数ですが、何かの機会にご登録いただけましたら幸いです。
 
▼設定ページ|プロフィール(要ログイン)
⇒ https://account.kabutan.jp/profile/nickname/edit
 
――――――――――――――――――
★今週末+祝日配信の「株探」おすすめ記事★
――――――――――――――――――
02月20日(土)
06時30分 今週読まれた記事
06時40分 今週の【早わかり株式市況】
08時00分 植木靖男の相場展望
08時50分 今週の【話題株ダイジェスト】
09時00分 今週の【上場来高値銘柄】
10時00分 富田隆弥の【CHART CLUB】
19時30分 AI&半導体関連「隠れ覇道株スペシャル8選」<株探トップ特集>
 
02月21日(日)
08時00分 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】※P
08時40分 和島英樹の「明日の好悪材料Next」※P ⇒ 記事一覧はこちら
09時00分 今週の「妙味株」一本釣り!
09時15分 杉村富生の短期相場観測
09時30分 北浜流一郎のズバリ株先見!
13時30分 明日の好悪材料
16時00分 10万円以下で買える、好業績・高利回り【2部・新興】編<割安株特集>
17時00分 株価指数先物 【週間展望】
19時30分 10-12月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第1弾〕<成長株特集>
 
02月23日(火・祝日)天皇誕生日
09時00分 配当シーズン迫る、3月配当【高利回り】ベスト30 「東証1部」編
13時30分 明日の好悪材料
16時30分 <テクニカル特集>
19時30分 配当シーズン迫る、3月配当【高利回り】ベスト30 「2部・新興」編
 
※P…プレミアム会員は全ページ閲覧可能
※記信予定は変更となる可能性があります。
 
 
 
 
週明け23日(火)は祝日でお休みです。割安株特集やテクニカル特集が配信予定ですので、よかったらチェックしてくださいね。
 
今週も、最後までお読みくださいましてありがとうございました(・ヮ・)
 
 
☆次回配信は【 02月27日(土)】の予定です。
 
あなたの相場に、幸あれ!――――☆
トップ >  特集一覧 > 株探編集部からのお手紙 > 早すぎる“春一番”次に来るのは“春雷”か
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.