トップ >  特集一覧 > 株探編集部からのお手紙 > 東証障害と大統領コロナ感染がもたらす買い場

東証障害と大統領コロナ感染がもたらす買い場

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株探編集部からのお手紙 2020年10月3日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
- CONTENTS -
・今週のお手紙
・今週の注目記事
・高成長【始動】候補リストのご紹介
・東証障害による本サイトへの影響について
・今週の株探人気記事ランキング
・プロフィール登録のお願い
・今週末配信の「株探」おすすめ記事
――――――――――――――――――
 
株探太郎さま
 
おはようございます。
株探編集部です。
 
予想だにしなかった出来事に右往左往させられた2日間でした。
 
1日は東証のシステム障害により立会取引が不成立に。
週末2日は後場にトランプ大統領が新型コロナウイルス感染を発表し急落。
 
日経平均株価は前週比174円安の2万3029円でこの週の取引を終えました。
 
木曜日と金曜日の出来事の印象があまりにも強く、水曜日までのマーケットの雰囲気がどのようなものだったか、すぐには思い出せないほどです。
 
矢継ぎ早に打ち出された政策と漂う実力派内閣の香り。
菅新政権の印象は上々で、米株の調整が続いた影響で上値が重い展開とはなっていたものの、先行きへの期待感が確かに感じられる相場つき。
それが水曜日までの雰囲気でしたが、果たしてこの空気は右往左往の木曜日と金曜日の後には吹き飛んでしまったのでしょうか?
 
“天災には買い向かえ”や“突発事件は売るな”というのが相場格言の教えるところです。
 
取引時間中の米大統領のコロナ感染は仰天のニュースで、ましてや前日が終日取引不能の1日だったとなれば、慌てるなという方が無茶というものかもしれません。
 
しかし、コロナに感染した首脳はトランプ大統領が初めてではありません。
英国ではジョンソン首相が、ブラジルではボルソナーロ大統領が既にコロナに感染しています。
 
2日午後7時現在、NYダウ先物は2万7200ドル台と、1日の現物終値を大きく下回る水準で推移しています。
NYダウは9月3日に2万9199ドルのコロナショック後高値をつけて調整に入り、同月24日に2万6537ドルまで10%弱の調整を入れた後の戻り局面でした。
トランプコロナ感染を契機に再び下値模索の形となっていますが、これをさらなる下落への入り口と捉えるか、ダブルボトム形成からの買い場と捉えるか。
 
人それぞれの判断があるでしょうが、克服されつつあるコロナ感染と景気の行方を見る限り、可能性が大きいのは後者と言えそうです。
 
――――――――――――――――――
☆今週の注目記事☆
――――――――――――――――――
がんの入院診療費は平均110万円、
50年で600万円の差が開く「がん保険」の使い方
――――――――――――――――――
【清水香の「それって常識? 人生100年マネーの作り方】
◇第14回◇
 
問題です。がんは何人に1人の割合でかかるでしょう。
 
答え   およそ2人に1人です。
 
続いて問題です。現在40歳の男性が20年後までにがんと診断される確率は6.9%。では現在60歳男性の場合は。
 
答え 41.1%。ちなみに40歳の女性の場合は10.4%。60歳の女性は23.8%です。
(出所:国立がん研究センター がん情報サービス)
 
老化が進むと、かかる確率が高まる「がん」。人生100年時代は、いつかはがんと診断されることを想定していくことが必要です。
 
最後の問題です。がんで入院した場合の平均診療費はいくらでしょう。
 
答え メルマガタイトルにあるように、およそ110万円です(保険診療の場合)。
 
これは厚生労働省の「医療給付実態調査」と「患者調査」から試算したものです。
がんになった部位によって入院診療費は異なりますが、全体でならすとこの金額になりました。
 
ただ、診療費が110万円でも、これがすべて窓口で支払う自己負担額にはなりません。
→問題1 どうして?
 
そして、がんで仕事を休むことになっても、当面の間は給与の3分の2は手当がでます。
→問題2 どうして?
 
この2つの問題の答えを踏まえて、がんに備えた「がん保険」の賢い入り方、使い方の例を連載第14回の記事で示しています。
 
記事ではがん保険を3つのタイプに分けて、25年そして50年間で支払う保険料の総額を比較しています。タイプによっては、「え、こんな額になるの?」となるような例もあります。
 
いざというときの備え方には「自助」「共助」「公助」の3通りがあり、保険は共助での備えにあたります。
 
ならば、保険に入る場合には、公助にはどのような制度があり、自助つまり貯蓄や利殖ではどの程度カバーできるのかを踏まえる必要があります。
 
国民病ともいえる「がん」に賢く備える方法を知るには、株探プレミアムに登録して、記事をご覧ください。
 
▼第14回
がんの入院診療費は平均110万円、50年で600万円の差が開く「がん保険」の使い方
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202010010204
 
【清水香の「それって常識? 人生100年マネーの作り方】
うまい投資家は、投資に限らずお金にまつわる様々な感度が高いもの。人生100年時代のお金の新常識を、財務省の専門家会議の委員やNHK「あさイチ」など各種メディアで活躍するファイナンシャルプランナーの清水香が伝授します。
⇒ バックナンバーはこちら!
 
※「株探プレミアム」はワンランク上の情報を提供する有料サービスです。
プレミアム会員の方はログインしてからお読みください。
プレミアム会員以外の方は、最初の1ページ目は無料でご覧いただけます。
 
☆――――――――――――――――☆
 
 
(株探プレミアムって、どんな機能があるんだろう?)
    .。o○
( ´・ω・`)
 
 
株探プレミアムは専用コラムだけではありません。
 
リアルタイム株価、通期業績25期分、日本の株主など、月額1980円(税別)でいろいろな機能をご利用いただけます。
 
詳しくは↓こちらをご覧ください!
 
▼株探プレミアムのご紹介
⇒ https://info.kabutan.jp/
 
 
――――――――――――――――――
業績成長期入りの初期段階を捉える!
高成長【始動】候補リストのご紹介
――――――――――――――――――
 
今週の成長株特集は「高成長【始動】候補リスト」をお届けします。この特集では、これから高成長が期待できる有力候補として、四半期ベースの収益が連続で拡大し始めた企業を取り上げます。
 
1日に配信した「第1弾」は、時価総額300億円以上1500億円未満の銘柄の中から、直近四半期に前年同期比で「10%増収・20%経常増益」を2四半期もしくは3四半期連続で達成した銘柄を紹介しました。
 
明日4日(日)19時30分にリリースする「第2弾」では、時価総額50億円以上300億円未満を対象に銘柄をリストアップします。有望成長株の発掘にご活用ください!
 
▼高成長【始動】候補リスト〔第1弾〕 14社選出 (10/1)
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202010010557
 
※記事配信後は[特集]の一覧に表示されます。ぜひチェックしてください。
▼[PC]市場ニュースの[特集]
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?category=5
▼[スマホ]市場ニュースの[特集]
⇒ https://s.kabutan.jp/market_news/?category_org_id=5
 
※各特集記事はフリーコンテンツです。どなた様もご覧いただけます。
 
――――――――――――――――――
東証障害による本サイトのコンテンツへの影響につきまして
――――――――――――――――――
 
10月1日に東京証券取引所がシステム障害により終日売買を停止したため、10月2日以降に本サイトの一部コンテンツの配信・表示にも影響が生じております。
 
詳しくは下記のお知らせをご確認ください。
 
【告知】東証障害による本サイトのコンテンツへの影響につきまして
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202010020052
 
 
ユーザーの皆様にはご迷惑をおかけして恐縮ですが、何卒ご理解を賜りますようお願いいたします。
 
――――――――――――――――――
◇今週の株探人気記事ランキング!◇
――――――――――――――――――
※10月2日昼頃集計/PC・スマホ合計
 
一週間(前週金曜昼から今週金曜昼まで)の人気記事ランキングをお届けします!
 
1.新「量子コンピューター関連」特選株、“時空超え大相場”に夢託す6銘柄 <株探トップ特集>
2.2020年「ノーベル賞」発表目前!3年連続の日本人受賞なら急騰必至 <株探トップ特集>
3.【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月29日発表分)
4.【杉村富生の短期相場観測】 ─ 各論(銘柄)勝負の投資戦術が有効!
5.【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 騰勢復活の重石となる米国市場、M&A関連など内需株が突破口に!
 
今週の詳しい動向は、土曜朝06時30分配信の【今週読まれた記事】でもご紹介しています。
併せてご覧ください!
 
▼[PC]10月3日の市場ニュース[特集](一覧の下にあります)
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?category=5&date=20201003
▼[スマホ]市場ニュース[特集]
⇒ https://s.kabutan.jp/market_news/?category_org_id=5
 
――――――――――――――――――
◆◇会員プロフィール登録のお願い◇◆
対象:2018年11月以前に会員登録された方
――――――――――――――――――
2018年11月の無料会員開始に伴い、会員登録情報の項目に次の2つを増やしました。
 
・「ニックネーム」
・「生年月日」
 
これらの内容は、ご本人様確認が必要なお問い合わせをいただいた際に、確認材料の一部とさせていただきます。
※登録メールアドレスやカード情報がわからない場合などに有効です。
 
空欄になっている方がいらっしゃいましたら、
誠にお手数ですが、何かの機会にご登録いただけましたら幸いです。
 
▼設定ページ|プロフィール(要ログイン)
⇒ https://account.kabutan.jp/profile/nickname/edit
 
――――――――――――――――――
★今週末配信の「株探」おすすめ記事★
――――――――――――――――――
10月3日(土)
06時30分 今週読まれた記事
06時40分 今週の【早わかり株式市況】
08時00分 植木靖男の相場展望
08時50分 今週の【話題株ダイジェスト】
09時00分 今週の【上場来高値銘柄】
10時00分 富田隆弥の【CHART CLUB】
19時30分 スガノミクスで輝き放つ好業績材料株7選<株探トップ特集>
 
10月4日(日)
08時00分 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】※P
08時40分 和島英樹の「明日の好悪材料Next」※P ⇒ 記事一覧はこちら
09時00分 今週の「妙味株」一本釣り!
09時15分 杉村富生の短期相場観測
09時30分 北浜流一郎のズバリ株先見!
13時30分 明日の好悪材料
16時00分 10万円以下で買える、高ROE&低PER 【2部・新興】編<割安株特集>
17時00分 株価指数先物 【週間展望】
19時30分 高成長【始動】候補リスト〔第2弾〕<成長株特集>
 
※P…プレミアム会員は全ページ閲覧可能
※上記の記事配信予定は、変更となる可能性があります。
 
 
 
 
初日から大きなトラブル発生で、慌ただしい10月のスタートでした。
出鼻をくじかれた感じですが、来週から盛り返していきますように!
 
今週も、最後までお読みくださいましてありがとうございました(・ヮ・)
 
☆次回配信は【 10月10日(土)】の予定です。
 
  あなたの相場に、幸あれ!――――☆
トップ >  特集一覧 > 株探編集部からのお手紙 > 東証障害と大統領コロナ感染がもたらす買い場
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.