トップ >  特集一覧 > 株探編集部からのお手紙 > “鬼滅”が鳴らす復活の足音

“鬼滅”が鳴らす復活の足音

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株探編集部からのお手紙 2020年10月24日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
- CONTENTS -
・今週のお手紙
・今週の注目記事
・決算シーズン突入!上方修正を大予想
・【サプライズ】&【イチオシ】
・ゼロから始める「株探」の歩き方
・今週の株探人気記事ランキング
・プロフィール登録のお願い
・今週末配信の「株探」おすすめ記事
――――――――――――――――――
 
株探太郎さま
 
おはようございます。
株探編集部です。
 
米大統領選まで残り10日ほど。選挙戦は終盤に差し掛かり、なお情勢はたゆたっているようです。株式市場はもはや結果を見るまでは動けないといった様相で、東証1部の売買代金が10日連続で2兆円を割る閑散相場となっています。
 
気掛かりな東証マザーズ指数の下落については、23日は続落したものの1200ポイントを境に下げ渋る展開となりました。チャート的にはあまりにも急な上昇に対する調整の範囲内であり、まだ狼狽売りの連鎖を心配する局面ではないといえるでしょう。
 
個別銘柄では、今週封切りしたアニメ映画「鬼滅の刃」が記録的ヒットとなっている東宝 <9602> に注目が集まりました。
 
映画館は新型コロナウイルスの逆風をまともに受け観客数が激減。東宝の3-8月期連結経常利益は前年同期比77%減となっています。株価は8月を底に持ち直していますが、現在も新型コロナの感染が止まらぬなかで、本業の映画事業がどこまで回復するのかは未知数でした。そこに飛び込んできた「『鬼滅の刃』初日の興行収入が10億円を突破」というニュースは、サプライズを生むのに充分なインパクトだったと言えます。
 
そこには観客を取り戻すための試行錯誤が実を結び始めた業界と、“ウィズ・コロナ”にようやく適応しつつある私たちの姿が浮かび上がります。「業績回復期待」を先取りして上げてきた株価に実績が追いつき始めたとも解釈できます。
 
今後、コロナの逆風にあえいできた様々な業界でこうした“復活の足音”を聞くことが増えるのではないでしょうか。それは今後の相場を占う上で大きなヒントになるはずです。
 
――――――――――――――――――
☆今週の注目記事☆
――――――――――――――――――
買い時・売り時の見極めが進化! 「ファンダ×テクノ」のハイブリッド戦略
――――――――――――――――――
【目指せ億トレ、頑張り投資家さんの稼ぎ技 モンサンの場合】
◇第3回◇
 
「2倍株ハンター」のサラリーマン投資家、モンサン(ハンドルネーム)シリーズの3回目は、本人のこんなコメントから始まります。
 
「ファンダメンタル分析とテクニカル分析って、お互い強く関係し合っていると思うんです。でも、投資関連の書籍や投資家の間で、これらを別物として扱う傾向が強いのはどうしてなんでしょうね」
 
このコメントは、編集部Mにとっても思い当たるフシがあります。
 
Mはこれまで非常に多くの個人投資家やマーケット関連の人から話を聞いてきましたが、
 
「株式投資はファンダメンタルズ分析が王道。テクニカルなんて邪道だ!?」
という考えを持つ人もいれば、
 
「いくらきれい(業績がピカピカ)に見えても、皆が注目しなければ意味がない! 株式投資は美人投票なんだから、テクニカルで皆の関心度を分析したほうが理にかなっている」
という人もいます。
 
それは、その人にとっての正解でしょう。ただ、誰にも当てはまる絶対的な真理ではないはず。実際、プロの間でも、さまざまな投資戦略でリターンを上げている実態が証明しています。
 
数字のみに注目し高度な計量分析で銘柄を選別するクオンツでリターンを狙う戦略もあれば、
 
ボトムアップといって会社訪問して業績や業界の動向を定性および定量面から情報を収集・分析してリターンを狙いに行く戦略や、
 
その対局でトップダウンといってマクロ経済指標などを主体に投資対象を選んでいく
 
――など、ともかくさまざまな手法があります。
 
重要なことは、原理主義に陥らず、人の意見は参考にしても、それに流されずに、自分に合うスタイルを確立することです。モンサンは当初はファンダ主体で銘柄選びをしてきましたが、それにテクニカルの要素を加えました。
 
テクニカルは、銘柄に注目するきっかけや、投資を決めた銘柄の買い時、そして売り時の判定に活用しています。
 
それが2カ月に1度のハイペースで2倍株をゲットすることに貢献することになります。
 
今回はこの「ファンダメンタルズ×テクニカル」のハイブリッド戦略で羽ばたくきかっけになった銘柄の取引について紹介しています。詳しくは株探プレミアムに登録して、記事をご覧ください。
 
▼モンサンの場合-第3回
買い時・売り時の見極めが進化! 「ファンダ×テクノ」のハイブリッド戦略
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202010200315
 
【目指せ億トレ、頑張り投資家さんの稼ぎ技】
「習うより慣れろ」というように、投資で腕を上げるには継続が重要。とはいえ、ただやみくもに続けても、時間とお金の無駄です。このコラムは、投資経験はそれほど長くないものの、研鑽を積み重ね、成果を上げている投資家さんにフォーカス! その姿を通して、上達のヒントを提供します。
⇒ バックナンバーはこちら!
 
※「株探プレミアム」はワンランク上の情報を提供する有料サービスです。
プレミアム会員の方はログインしてからお読みください。
プレミアム会員以外の方は、最初の1ページ目は無料でご覧いただけます。
 
☆――――――――――――――――☆
 
 
(株探プレミアムって、どんな機能があるんだろう?)
    .。o○
( ´・ω・`)
 
 
株探プレミアムは専用コラムだけではありません。
 
ヒストリカルPER、リアルタイム株価、通期業績25期分、日本の株主など、月額1980円(税別)でいろいろな機能をご利用いただけます。
 
詳しくは↓こちらをご覧ください!
 
▼株探プレミアムのご紹介
⇒ https://info.kabutan.jp/
 
 
――――――――――――――――――
6-8月期の利益成長【青天井】リスト
決算シーズン突入!上方修正を大予想
――――――――――――――――――
小売業を中心とする6-8月期の決算発表が先週までに出そろいました。22日(木)にリリースした「利益成長【青天井】銘柄リスト〔6-8月期〕」では、6-8月期に経常利益が全四半期ベースの過去最高益を達成し、かつ通期計画も最高益更新を見込む企業をリストアップしました。
 
▼利益成長【青天井】銘柄リスト〔6-8月期〕21社選出<成長株特集>
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202010221038
 
21年3月期中間決算発表の本格化とともに、業績予想を修正を発表する企業が増えています。明日25日(日)19時30分の成長株特集「今週の上方修正【大予想】」では、株探プレミアム会員向けに提供している「業績修正履歴」を使って、週明けの26日から30日に上方修正する銘柄を予想します。ご期待ください!
 
※記事配信後は[特集]の一覧に表示されます。ぜひチェックしてください。
▼[PC]市場ニュースの[特集]
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?category=5
▼[スマホ]市場ニュースの[特集]
⇒ https://s.kabutan.jp/market_news/?category_org_id=5
 
※各特集記事はフリーコンテンツです。どなた様もご覧いただけます。
 
――――――――――――――――――
☆決算発表集中期間がやってきた!☆
【サプライズ】&【イチオシ】をチェック!
――――――――――――――――――
23日から決算発表の集中期間が始まりました!(11月13日まで)
 
この期間中、株探では『決算特報』を毎日3本配信しています。また、プレミアム会員専用記事として、より早い“超速報”を毎日2本配信します。
 
☆15時10分頃 本日の【サプライズ決算】超速報
☆15時40分頃 本日の【サプライズ決算】超速報・続報
 16時00分頃 本日の【サプライズ決算】速報
★18時00分頃 本日の【サプライズ決算】続報
 20時00分頃 本日の【イチオシ決算】
 
☆…プレミアム会員専用記事
★…決算集中期間のみ配信
 
※配信時間は多少前後します。
 
記事配信後は[市場ニュース]の[注目]に表示されます。ぜひご活用ください!
 
▼[PC]市場ニュースの[注目]
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?category=9
▼[スマホ]市場ニュースの[注目]
⇒ https://s.kabutan.jp/market_news/?category_org_id=9
 
――――――――――――――――――
【最新話公開!】
横山利香の
ゼロから始める「株探」の歩き方
――――――――――――――――――
株が大好き、認定テクニカルアナリストの横山利香さんによる、株探の世界を隈なく探索するための実践ガイドの連載です。
 
今回、横山さんが取りあげるのは「日本の大株主」。マーケットに対して大きな影響力を持つ内外機関投資家など大株主たちの動向を追うことができるコンテンツです。
 
「年金積立金管理運用独立行政法人」、日本最大の株主であるGPIFの名は皆さんの老後を支える公的年金に深く関わっているだけにご存じの方も多いでしょう。「日本の株主」ではGPIFの保有銘柄リストを確認できるほか、3月末の保有株の時価総額が1年で3兆円(!)減少していることもわかります。
 
ステート・ストリートやJPモルガン、ゴールドマン・サックスといった名立たる海外投資家の保有銘柄リスト、また、世界最大の資産運用会社であるブラックロックやフィデリティなどの保有割合増減リストもチェックできます。
 
材料株投資が好みであれば光通信グループや、物言う株主の代表格である旧村上ファンド系の保有銘柄リストなどは見逃せないことでしょう。
 
「日本の株主」はこれらの情報を集積した、いわば大株主たちの動きを追跡するGPSの機能を持つコンテンツなのです。
 
横山さんのわかりやすい解説で、あなたも“株探の達人”に!
 
▼最新記事(10月23日公開)← NEW!
(30) 大株主の動きから、株式市場のトレンドをつかもう【日本の株主】
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202010230461
 
★前シリーズも読めます★
⇒ バックナンバーはこちら!
 
※当連載はフリーコンテンツです。どなた様もご覧いただけます。
 
――――――――――――――――――
◇今週の株探人気記事ランキング!◇
――――――――――――――――――
※10月23日昼頃集計/PC・スマホ合計
 
一週間(前週金曜昼から今週は木曜昼まで)の人気記事ランキングをお届けします!
 
1.サイバー防衛“秋の陣”、全世界セキュリティー時代の「最強株」選抜 <株探トップ特集>
2.決算発表に先回り、「上方修正シグナル点灯」の6銘柄リストアップ <株探トップ特集>
3.【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月20日発表分)
4.【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ スガノミクス改革に乗れ!
5.【杉村富生の短期相場観測】 ─ お金に働いてもらわないともったいないぞッ!
 
今週の詳しい動向は、土曜朝06時30分配信の【今週読まれた記事】でもご紹介しています。
併せてご覧ください!
 
▼[PC]10月24日の市場ニュース[特集](一覧の下にあります)
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?category=5&date=20201024
▼[スマホ]市場ニュース[特集]
⇒ https://s.kabutan.jp/market_news/?category_org_id=5
 
――――――――――――――――――
◆◇会員プロフィール登録のお願い◇◆
対象:2018年11月以前に会員登録された方
――――――――――――――――――
2018年11月の無料会員開始に伴い、会員登録情報の項目に次の2つを増やしました。
 
・「ニックネーム」
・「生年月日」
 
これらの内容は、ご本人様確認が必要なお問い合わせをいただいた際に、確認材料の一部とさせていただきます。
※登録メールアドレスやカード情報がわからない場合などに有効です。
 
空欄になっている方がいらっしゃいましたら、
誠にお手数ですが、何かの機会にご登録いただけましたら幸いです。
 
▼設定ページ|プロフィール(要ログイン)
⇒ https://account.kabutan.jp/profile/nickname/edit
 
――――――――――――――――――
★今週末配信の「株探」おすすめ記事★
――――――――――――――――――
10月24日(土)
06時30分 今週読まれた記事
06時40分 今週の【早わかり株式市況】
08時00分 村瀬智一が斬る!深層マーケット
08時30分 植草一秀の「金融変動水先案内」
08時50分 今週の【話題株ダイジェスト】
09時00分 今週の【上場来高値銘柄】
10時00分 富田隆弥の【CHART CLUB】
12時00分 まだ間に合う、10月配当【高利回り】ベスト30<割安株特集>
19時30分 リベンジ!個別材料株、晩秋に燃え上がる「5銘柄」<株探トップ特集>
 
10月25日(日)
08時00分 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】※P
08時40分 和島英樹の「明日の好悪材料Next」※P ⇒ 記事一覧はこちら
09時00分 今週の「妙味株」一本釣り!
09時15分 杉村富生の短期相場観測
09時30分 北浜流一郎のズバリ株先見!
13時30分 明日の好悪材料
16時00分 5万円以下で買える、低PBR&低PER 【2部・新興】編<割安株特集>
17時00分 株価指数先物 【週間展望】
19時30分 今週の上方修正【大予想】<成長株特集>
 
※P…プレミアム会員は全ページ閲覧可能
※上記の記事配信予定は、変更となる可能性があります。
 
 
 
株探では来週、目前に迫った米国大統領選に向けて直前の情勢分析などを踏まえ、株式と為替それぞれのマーケットを展望する緊急特集を2本配信する予定です。
 
まず1本目は27日(火)19時30分配信のトップ特集です。どうぞお楽しみに!
 
 
今週も、最後までお読みくださいましてありがとうございました(・ヮ・)
 
☆次回配信は【 10月31日(土)】の予定です。
 
  あなたの相場に、幸あれ!――――☆
トップ >  特集一覧 > 株探編集部からのお手紙 > “鬼滅”が鳴らす復活の足音
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.