トップ >  特集一覧 > 株探編集部からのお手紙 > “2万8000円”の熱は伝播するか

“2万8000円”の熱は伝播するか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株探編集部からのお手紙 2021年01月09日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
- CONTENTS -
・今週のお手紙
・新春オンラインセミナーのお知らせ
・今週の注目記事
・20年12月期【業績上振れ】&高成長【始動】
・1月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30
・ゼロから始める「株探」の歩き方
・今週の株探人気記事ランキング
・プロフィール登録のお願い
・今週末配信の「株探」おすすめ記事
――――――――――――――――――
 
株探太郎さま
 
おはようございます。
株探編集部です。
 
2021年相場の初週は急伸、日経平均株価は2万8000円台に乗せました。いずれ突破する壁という認識はあったものの、昨年12月29日の2万7000円乗せからわずか7営業日で達成するとは驚きです。
 
きっかけは米上院選で民主党が勝利し“トリプルブルー”を実現したこと。これによって政局を巡る先行き不透明要素が晴れ、買い安心感が広がりました。決着直前まで民主党の勝利はネガティブ材料だったはずですが、過剰流動性を武器とした“いいとこ取り”相場のなかでは些事のようです。
 
2万8000円乗せのスピード達成は、一方通行になりやすいAIによる自動売買も一役買っていると思われます。過熱感に怯む人間の感情をよそに淡々と売買を繰り返すAIによって、上昇・下落の速度感は随分変わりました。この先もまだまだ驚くような展開が待っているかもしれません。
 
 
昨年12月半ばから、東証マザーズ市場の回復傾向が見て取れます。日経平均急上昇のさなか中小型株中心のマザーズ市場は伸び悩む時期が続いていましたが、出遅れを取り戻すことができるでしょうか。長く頭を押さえられてきた75日移動平均線を8日終値で上抜いたことで、来週以降はこの75日線がサポートラインとして機能することが考えられます。このまま12月2日の高値1279.02を抜くことができれば、再度上昇気流に乗ることも夢ではないのではないでしょうか。
 
海外勢の買いによって主導されてきた日経平均の上昇と、個人投資家の主戦場である中小型株が騰勢を取り戻すことは違った意味を持ちます。過熱する日経平均の“熱”が中小型株へも伝播することを期待せずにいられません。
 
――――――――――――――――――
☆プレミアム会員限定☆
――――――――――――――――――
新春オンラインセミナーのお知らせ
――――――――――――――――――
株探プレミアムの日頃のご愛顧に感謝し、株探プレミアム会員限定「新春スペシャルオンラインセミナー」を開催する運びとなりました。
 
1月13日から3夜連続で「伊藤智洋が読む 『日経平均株価・短期シナリオ』」の伊藤智洋、「日本株・数字で徹底診断!」の大川智宏、「明日の好悪材料Next」の和島英樹が登場、2021年のマーケットを語ります。
 
プレミアム会員の方限定公開で、視聴料は無料です。
 
詳細はこちらから
⇒ https://seminar.kabutan.jp/seminar/211/
 
<日時・講師>
☆01月13日(水)19:00~19:30 講師:伊藤智洋
☆01月14日(木)19:00~19:30 講師:大川智宏
☆01月15日(金)19:00~19:30 講師:和島英樹
 
▼配信ページは、当日こちらから入れます
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202012240751
 
※「株探プレミアム」はワンランク上の情報を提供する有料サービスです。
※無料会員で視聴希望の方は、プレミアム会員にお申し込みください。
 
――――――――――――――――――
☆今週の注目記事☆その1
――――――――――――――――――
新生活様式と親和性の高い事業などで、好決算が目にとまる
――――――――――――――――――
【明日の好悪材料Next】◇第32回
 
明日の株価は、どんな材料で動く!?
明日動きそうな銘柄はどこ?
 
その参考になるのが、『株探』でほぼ毎晩、更新している「明日の好悪材料」です。この人気ニュースの常連記事を毎週ふりかえり、解説を加えているのが「明日の好悪材料Next」です。
 
筆者は、ラジオでおなじみの株式ジャーナリスト・和島英樹さん。相場に携わって35年以上になる大ベテランが、原則として過去5営業日に掲載された「明日の好悪材料」から1銘柄ずつ、計5銘柄をピックアップしています。
 
これだけではありません! 和島さんはテクニカルアナリストの資格を持たれています。それを生かさない手はないと、5銘柄のうち2銘柄については今後のチャートの動きを読む上でのテクニカル上のポイントを加えてもらっています。
 
さらに、これだけではありませんと、どこかの通販番組のようですが、毎回、和島さん独自の注目材料も記事の最後に登場します。
 
おさらいしますと、
 
①『株探』で人気の「明日の好悪材料」から過去5営業日に登場した銘柄を、営業日ごとに1つずつ、計5銘柄をピックアップして掲載された材料を解説
②そのうち2銘柄は今後のチャート展開を読む参考になるテクニカル分析を実施
③最後に和島さん独自の注目材料を解説
 
――の、なんと3点セットになります(しつこいですが、某通販番組のマネではありません)。
 
記事は毎週日曜日の朝に公開していますが、今週は年末年始の特殊事情もあり、1月5日火曜日に「新生活様式と親和性の高い事業などで、好決算が目にとまる」と題した記事をアップ。昨年末分の好悪材料を解説しています。
 
そして今度の日曜日である10日には1月4~7日に掲載した分の解説記事を掲載します。こちらも是非、チェックしてください。
 
これだけでは、ありません(これが本当に最後です)。『株探』編集部では、1月13日から3夜連続で「新春オンラインセミナー」を実施し、最終日の15日に筆者の和島さんが講師として登場します。
 
セミナーはプレミアム会員向けですので、まだプレミアム会員登録されていない方は、この機会に是非、よろしくお願いします。
 
▼第32回
新生活様式と親和性の高い事業などで、好決算が目にとまる
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202101050234
 
【和島英樹の「明日の好悪材料Next」】
ラジオでおなじみの株式ジャーナリスト、和島英樹さんが『株探』の人気ニュースの筆頭格、「明日の好悪材料」で取り上げられた銘柄の次の注目点を解説します。
⇒ バックナンバーはこちら!
 
※「株探プレミアム」はワンランク上の情報を提供する有料サービスです。
プレミアム会員の方はログインしてからお読みください。
プレミアム会員以外の方は、最初の1ページ目は無料でご覧いただけます。
 
――――――――――――――――――
☆今週の注目記事☆その2
――――――――――――――――――
シリーズ年金を増やす!
(1)「60歳以降に働くときに知っておきたいこと」
――――――――――――――――――
【清水香の「それって常識? 人生100年マネーの作り方】
◇第20回◇
 
問題です。
20歳になると国民全員が加入する公的年金が「国民年金」。では、「厚生年金保険」に加入するのも、20歳以上の国民全員?
 
答え:「×」。「厚生年金保険」の加入者は会社員および公務員・私学教職員になります。会社員と公務員などは国民年金と厚生年金保険は、必ず2つの公的年金に加入します。これは簡単な問題でしたね。
 
では続いて問題です。
「国民年金」と似た名称で、「国民年金基金」があります。これはどんな年金。
 
答え:よく年金は3階建て構造と言われます。国民年金が1階部分で、最初の問題に登場した「厚生年金保険」は2階部分にあたります。
 
国民年金基金も2階部分にあたり、同基金に加入できるのは厚生年金保険に加入できない自営業者などが対象になります。
 
最後の問題です。
「厚生年金保険」と似た名称で「厚生年金基金」があります。両者の違いは?
 
答え:厚生年金基金は公的年金に上乗せ給付を保証する私的年金の1つで、「厚生年金保険」に上乗せされる3階部分の年金になります。
 
私的年金には企業年金と個人年金があり、厚生年金基金は企業年金になります。この厚生年金基金は2019年3月時点で加入員数が16万人と小規模ですが、ご存じのように企業年金はほかもあります。
 
1つは、将来の給付額が確定している「確定給付企業年金」で、加入員数は940万人(同時点)。また運用状況で将来の給付額が変わる「企業型確定拠出年金」では688万人になります。
 
人生100年マネーを見据えるうえで、なんといっても重要なのが年金受給額。しかし、上の3つのQ&Aで簡単に見たように年金制度は非常に込み入っています。
 
本コラムでは、複雑な制度の中で、どのように自分の年金を増やすかを、3回にわたって紹介していきます。1回目は厚生年金保険に加入する会社員や公務員の人にとって参考になる内容です。
 
詳しくは、株探プレミアムに登録して、記事をご覧ください。
 
▼第20回
シリーズ年金を増やす! (1)「60歳以降に働くときに知っておきたいこと」
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202101070271
 
【清水香の「それって常識? 人生100年マネーの作り方】
うまい投資家は、投資に限らずお金にまつわる様々な感度が高いもの。人生100年時代のお金の新常識を、財務省の専門家会議の委員やNHK「あさイチ」など各種メディアで活躍するファイナンシャルプランナーの清水香が伝授します。
⇒ バックナンバーはこちら!
 
※「株探プレミアム」はワンランク上の情報を提供する有料サービスです。
プレミアム会員の方はログインしてからお読みください。
プレミアム会員以外の方は、最初の1ページ目は無料でご覧いただけます。
 
☆――――――――――――――――☆
 
 
(株探プレミアムって、どんな機能があるんだろう?)
    .。o○
( ´・ω・`)
 
 
株探プレミアムは専用コラムだけではありません。
 
ヒストリカルPER、リアルタイム株価、通期業績25期分、日本の株主など、月額1980円(税別)でいろいろな機能をご利用いただけます。
 
詳しくは↓こちらをご覧ください!
 
▼株探プレミアムのご紹介
⇒ https://info.kabutan.jp/
 
 
――――――――――――――――――
20年12月期【業績上振れ】候補
高成長【始動】候補リストのご紹介
――――――――――――――――――
2021年最初の成長株特集は、「“上方修正”先回り、20年12月期【業績上振れ】候補」(1月7日配信)です。今月下旬から本格化する20年12月期決算の発表前に、上方修正が期待される銘柄を探りました。
 
▼“上方修正”先回り、20年12月期【業績上振れ】候補 31社選出 (1/7)
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202101071078
 
11日(月)19時30分にリリースする「高成長【始動】候補リスト〔第1弾〕」は、これから高成長が期待できる有力候補として、四半期ベースの業績が連続で拡大し始めた企業を取り上げます。
 
今回は「第1弾」として、時価総額250億円以上1500億円未満の銘柄の中から、直近四半期に前年同期比で「10%増収・20%経常増益」を2四半期もしくは3四半期連続で達成した銘柄を紹介します。有望成長株の発掘にご活用ください!
 
※記事配信後は[特集]の一覧に表示されます。ぜひチェックしてください。
▼[PC]市場ニュースの[特集]
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?category=5
▼[スマホ]市場ニュースの[特集]
⇒ https://s.kabutan.jp/market_news/?category_org_id=5
 
※各特集記事はフリーコンテンツです。どなた様もご覧いただけます。
 
――――――――――――――――――
1月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30
――――――――――――――――――
<割安株特集>で人気の「配当取りを狙える【高利回り】ベスト30」。毎月上旬、中旬、下旬と計3回配信しています。
 
次回の配信予定は……
 
1月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集>
⇒ 01月11日(祝)09時00分
 
※記事配信後は[特集]の一覧に表示されます。ぜひチェックしてください。
▼[PC]市場ニュースの[特集]
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?category=5
▼[スマホ]市場ニュースの[特集]
⇒ https://s.kabutan.jp/market_news/?category_org_id=5
 
※各特集記事はフリーコンテンツです。どなた様もご覧いただけます。
※配信予定は変更となる可能性があります。
 
――――――――――――――――――
【株探ユーザーのバイブル】
横山利香の
ゼロから始める「株探」の歩き方
――――――――――――――――――
株が大好き、認定テクニカルアナリストの横山利香さんによる、株探の世界を隈なく探索するための実践ガイドの連載です。
 
「市場マップ」の第3回目で横山さんが取りあげるのは「業績・財務分布」です。「市場マップ」の中でも、企業の真の力を測るうえで欠かせないツールが集まった核となるコンテンツです。
 
「業績・財務分布」は、「経常増減益率」「売上高増減率」「売上営業損益率」「自己資本比率」の4つの項目で構成されています。
 
「経常増減益率」分布マップでは大幅増益や黒字転換する企業、「売上高増減率」分布では利益の源泉となる売上高が伸びている企業、「売上営業損益率」分布では収益性の高い企業を探すことができます。また、「自己資本比率」分布では安定性・安全度の高い企業を確認できます。
 
さらに、連載の前回で紹介した「バリュー分布」の「PER」「PBR」を組み合わせれば、分析の精度を一段と高められるのです。
 
横山さんは企業の本来の力を知ることができれば、株価が叩き売られた時には値上がりを狙って買うことができ、熱狂的に買い上げられた時には売ることができる「ターゲットプライス・トレードテクニック」を自分のものにできると強調します。
 
横山さんのわかりやすい解説で、あなたも“株探の達人”に!
 
▼最新記事(12月15日公開)
(33)短期売買も長期投資も、バリューもグロースも、有望株は業績評価で決まる【市場マップ】
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202012150251
 
★前シリーズも読めます★
⇒ バックナンバーはこちら!
 
※当連載はフリーコンテンツです。どなた様もご覧いただけます。
 
――――――――――――――――――
◇今週の株探人気記事ランキング!◇
――――――――――――――――――
※01月08日昼頃集計/PC・スマホ合計
 
一週間(前週金曜昼から今週金曜昼まで)の人気記事ランキングをお届けします!
※今週は年末年始のため12月31日から1月8日昼まで
 
1.杉村富生が斬る!丑年「有望株!」 <新春お年玉企画>
2.北浜流一郎が斬る!丑年「有望株!」 <新春お年玉企画>
3.2021年の利益成長“青天井”ばく進、有力株リスト <新春特別企画>
4.2021年「新春特集」のご案内 ─“25本”配信 ─
5.雨宮京子が斬る!丑年「有望株!」 <新春お年玉企画>
 
今週の詳しい動向は、土曜朝06時30分配信の【今週読まれた記事】でもご紹介しています。
併せてご覧ください!
 
▼[PC]01月09日の市場ニュース[特集](一覧の下にあります)
⇒ https://kabutan.jp/news/marketnews/?category=5&date=20210109
▼[スマホ]市場ニュース[特集]
⇒ https://s.kabutan.jp/market_news/?category_org_id=5
 
――――――――――――――――――
◆◇会員プロフィール登録のお願い◇◆
対象:2018年11月以前に会員登録された方
――――――――――――――――――
2018年11月の無料会員開始に伴い、会員登録情報の項目に次の2つを増やしました。
 
・「ニックネーム」
・「生年月日」
 
これらの内容は、ご本人様確認が必要なお問い合わせをいただいた際に、確認材料の一部とさせていただきます。
※登録メールアドレスやカード情報がわからない場合などに有効です。
 
空欄になっている方がいらっしゃいましたら、
誠にお手数ですが、何かの機会にご登録いただけましたら幸いです。
 
▼設定ページ|プロフィール(要ログイン)
⇒ https://account.kabutan.jp/profile/nickname/edit
 
――――――――――――――――――
★今週末+祝日配信の「株探」おすすめ記事★
――――――――――――――――――
01月09日(土)
06時30分 今週読まれた記事
06時40分 今週の【早わかり株式市況】
08時00分 植木靖男の相場展望
08時30分 植草一秀の「金融変動水先案内」
08時50分 今週の【話題株ダイジェスト】
09時00分 今週の【上場来高値銘柄】
10時00分 富田隆弥の【CHART CLUB】
11時20分 <テクニカル特集>
19時30分 ドローン関連相場始まる、「スマート保安」などで産業利用加速へ<株探トップ特集>
 
01月10日(日)
08時40分 和島英樹の「明日の好悪材料Next」※P ⇒ 記事一覧はこちら
09時00分 今週の「妙味株」一本釣り!
09時15分 杉村富生の短期相場観測
09時30分 北浜流一郎のズバリ株先見!
16時30分 <テクニカル特集>
19時30分 10万円以下で買える、高利回り&低PER 【2部・新興】編<割安株特集>
 
01月11日(祝)成人の日
08時00分 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】※P
09時00分 1月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30<割安株特集>
13時30分 明日の好悪材料
16時30分 <テクニカル特集>
17時00分 株価指数先物 【週間展望】
19時30分 高成長【始動】候補リスト〔第1弾〕<成長株特集>
 
※P…プレミアム会員は全ページ閲覧可能
※記信予定は変更となる可能性があります。
 
 
 
 
今週末は正月明け最初の三連休!
しっかり巣ごもりしてネットで映画三昧過ごしたいと思います。
 
今週も、最後までお読みくださいましてありがとうございました(・ヮ・)
 
 
☆次回配信は【 01月16日(土)】の予定です。
 
あなたの相場に、幸あれ!――――☆
トップ >  特集一覧 > 株探編集部からのお手紙 > “2万8000円”の熱は伝播するか
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.